アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 よざくら。それにふずいして。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
よざくら。それにふずいして。
2006/05/16(Tue)
成り行き…なのかな?過程は忘れたけど、
もう寝てもおかしくない時間に、ドライブと相成りました。

夜の公園。人も居なくて、とても静か。
数少ない街灯に照らされた枝垂桜には、過剰ではない美しさがあった。
特に桜のために明かりがあるのではないのだろう、
アピールなどしない、偶然光が当たった、
ただ「そこに在る」だけの美しさ。

池の周りを歩いて、ゆったり泳ぐかもを見て、
携帯で夜桜を撮ろうとして失敗して。
穏やかで、幸せな時間が流れていた。

私の恋愛に対する姿勢と、あのひとのそれは、おそらくだいぶ違う。
そんなの分かってたのに(昔はそれを理由にして別れたのに)
簡単に有頂天になってしまう私は、また忘れていた。

私は好きな人ができると(ましてや恋人同士になると)
二人でいる時間が「プラス」で、それ以外の時間が「マイナス」
という感覚に陥る。つまり、常に一緒にいたい。
距離が近いなら、なおさら、一緒にいないと意味がない、と思ってしまう。

簡単に依存してしまう。
頼れそうな人が出来たとたん、自分で自分を楽しくしない。
「あのひとを好きなことに真摯でいよう。
しなやかに、たおやかに生きていこう。」
そう決めたのに。今のあたしは、ぐんにゃり背中が曲がって、
何かによりかかっている。

ひとりのせいかつが、たのしい。
でも、あなたといれば、もっとたのしい。
そう思えたらいいのにね。

今日の夜桜だって、あのひとが居たから、見に行けた。
あのひとと見たから、いつもより楽しかった。
そういうプラスアルファを、ね。
今は少しずつ重ねていけばいいのかな。
チャンスがまだ、残されていれば。
いやいや、私はそんなこと考えなくていいんだ。

うまく書けないな。
話がまるでつながってない。
今日はなんだかとても大切なことに気づいた、気がしたんだけど。

何かあったら、あの公園の、あの夜桜を思い出そう。
そしたらたぶん、そのとき思ったことを思い出して
背中をまっすぐにして、生きていけそうな気がする。
これは、そのための、メモ書き。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<自分が忘れないために。120%自己満足めも。 | メイン | みみのいたいお話。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/97-4940eca4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。