アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 ほしのおうじさまって。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ほしのおうじさまって。
2005/10/08(Sat)
hoshinoouji.jpg

表紙がきれいだったので、つい購入。権利が切れたか何かで、新訳がどさっと出てるらしい。

旧訳はよく覚えてないので、比べることはできないのですが、今回の訳はなんだか村上春樹な雰囲気が漂ってました。(私はあんまり幅広く本を読まないので、不正確だと思いますが)

しかし、昔読んだとき(中学生のころ)は感じなかったけど…王子って、人の話聞いてない。
人の話聞かないで自分の主張して、この飛行機乗りさんが言ってることはそんなにひどくないよう…(ほんの数ページだけ、そう思っただけやけど…)
…とか思う私がちょっと嫌です。

外に出す子と出さない子がいるけど、きっと子供には子供なりの論理や主張があって、しょっちゅう、わかってもらえない理不尽さを感じているんだろうな。
歳とったら理不尽さが減るかといえば、そうでもないけど。

で、本全体の感想は、良いものだったなぁ、と。時々読み返して、「肝心なこと」に目をこらしていられるような人に、なりたいです。目をこらす、は変かな(目に見えない、つってんだし)。感覚を研ぎ澄ます、というのだろうか。

でも、見えないってわかってても、見ようとしたいな。
スポンサーサイト
この記事のURL | ほんをよむ。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タイミング。 | メイン | 感覚が私を納得させる。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/83-6748c213

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。