アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 「箱庭を外から眺めている気分」
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「箱庭を外から眺めている気分」
2005/10/24(Mon)
知人が漏らしたことばが印象に残ったので、メモ。

彼が言いたかったことは、私の受け取った意味とたぶん違うのだけど、これは私が、ちょっとだけ理想にしている態度でもある。

集団の中には、いろんな人間関係や、人の思惑があるけど、そういうものを感覚で理解できて、外から冷静に見れる、という人にとても憧れる、ようだ。
なおかつ、「外から眺めている」態度が周りにばれてなければ、なおかっこいい。溶け込んでるように見えて、実は周りより一歩抜きん出ているような人。

それは十分な頭の良さと、冷静さが必要で。
恋に恋する気分に振り回されているようでは、なかなか到達できません。

「かまってほしがり」だから、傍観した態度は周りにばればれだし(しかし本当は傍観できてないし)。

適材適所という言葉がある。憧れは消えないけど、無理してそんな人になる必要も無い。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<はたちのげんてん。 | メイン | さっかくでもいい。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/73-4599c6e4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。