アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 りん、といきる。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
りん、といきる。
2006/02/19(Sun)
「昔は『彼が大丈夫なら私も大丈夫』って思ってたんですけど、今は、『私が彼を大切だと思っていて、だから大丈夫』って思うようになったんです。」
声も、まなざしもまっすぐな彼女の言葉に、何ヶ月か前の私を思い出した。
あのひとをすきな私なら、好きだ、と感じた日。

最近の私は、遠い昔に戻りつつあった。
感情に振り回され、力の及ばないものに思い悩み、そんな自分を蔑む。
そう、蔑んでしまった。
あのひとの、ほんのささいな言動で、自分の存在を全否定して、居なくなればいいとまで思った。

私達の関係は確固たるものはあっても、不安定で、外に対して説明するものなど、何も無い。
何を勘違いしていたのだろう。何を期待していたのだろう。
私があのひとに要求できるものなど、本来は何ひとつ無いのだ。なにひとつ。

大切だと、失いたくないと想えることが幸せ。
定義はどうあれ、大切だと思ってくれている、そう感じられることも。
だから、私はちゃんと、まっすぐ立っていよう。
見返りを求めず、寄りかからず、あのひとへのベクトルに、真摯でいよう。
私は私で、穏やかに、たおやかに生きていこう。

冒頭の彼女には、今日も会う予定。こないだは、あまり時間が取れなかったしね。ごめんね。
19歳の細い体には、ひたむきに生きようとする情熱が秘められていて、時々溢れてくるそれに、私は尊敬の念さえ抱いてしまう。
そう、歳は関係ない。自然と尊敬してしまう。そんな人に出会えて良かったと思う。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<勤務地決定。 | メイン | おのずから、やさしく。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/7-5ca22316

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。