アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 感覚と論理は補い合う、はず。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
感覚と論理は補い合う、はず。
2005/11/07(Mon)
土曜日(5日)に修論作成のためのアンケート(近くの公園にて)を実行する予定でした。

が、10時半から始めるはずだったのに、実際に始められたのは午後2時から。それまではずっと、アンケートに使う予定のものを作っていました。(朝10時にはできてるはずだったのに!)不幸なハプニングのうえに、私の不手際が重なってしまった結果です。
研究室の後輩が「午前中だけでも手伝います」と来てくれたのに、本来の仕事をさせられないまま帰してしまう始末。こっちが謝るべきなのに「アンケート手伝えなくてすいません」と言われ恐縮。
睡眠不足(確か2時間睡眠だった)でうまく考えられないくせに、大変なことをしてしまったという感覚だけが頭を支配し、その日はひどく落ち込んでしまいました。夜は久しぶりに会う人たちとの飲み会で、皆に会いたかったけど、とても体が動かず(熱もあったし)辞退。でも横になっても眠れないままテレビをぼんやり眺める。

日曜もアンケートをする予定で、でも私一人でやるしかなくて、しかも朝はコンビニの早朝バイトがありました。「これ終わったらアンケートか…」とぼんやりしつつも「すごく嫌な気分」で仕事をしていました。
バイトの帰り道に、ふと「なんでこんな嫌な気分なのか、ちゃんと言葉にしてみたら、少し楽になるかも」と思いました。

家に帰り、朝ごはんを食べながら、ゆっくり、言葉にしてみる。

1-1.土曜日に失敗して、周りの人に大きな迷惑をかけた。
1-2.それは不運もあったけど、私自身がもっと速く準備していれば防げた部分もあった。
1-3.それをわかっているから、自己嫌悪に陥っている。
1-4.と言いつつ、自分の悪い部分を自覚したくなくて「なんか嫌な気分」で思考を止めている。

2-1.今日(日曜)は一人でアンケートを取りに行かないといけない。
2-2.知らない人に声をかけるのが苦手。(8月10日の日記参照)
2-3.だから、心細さとしんどさで憂鬱。

ほんとにその時にここまで考えていたのかうろ覚えです。というのは、気がついたら寝ていたからです。
「嫌な気分」の半分は、睡眠不足でできていました(バ○ァリンの真似して大失敗)。
慌てて昼から公園に出向き、片っ端からアンケート。途中から来ない予定だった先生が来てくださり(用事が済んだらしい)、なんとか必要な数がそろいました。

話が長くなってしまったけど、ここで大事なのは、1-4の部分。
私はすごく気分が変わりやすくて「なんとなくやる気がしない」「なんか嫌な気分」という言葉で片付けてしまい、それをなんとか変えようとする努力をしません。
自分の怠け心というか、「やるべきことをぎりぎりまでやらない」という性質が良くない結果を引き起こしている故に、出来事そのものと、自分自身に「嫌な気分」を持っているんだと思う。
で、つきつめて考えようとしたら、その「自分の悪い部分」と対峙しないといけないから、それを無意識のうちに避けていた、のかもしれない。

なんにせよ、感覚にとらわれる私が言葉で解決をはかろうとしたのは良い傾向と思うことにする。

ちなみに私にそう思わせるきっかけを作ってくれた人は、その(私と正反対の)「論理的思考」ゆえに悩んでました。
メッセでお話中、「いい感じ、悪い感じ、っていうのを大切にすれば貴方の論理的思考はパワーアップすると思う」という私の言葉に「そうか、感覚と論理は対立するものじゃないんだ!」と彼女はひらめいた。これ、私にそのままそっくり返ってくる言葉だ。
私の感覚を重視する(言い換えると、ただの気分屋な)性格は、人間として魅力的な部分もあるのかもしれないけど、人間関係を失ってしまうくらいの危険性も孕んでる。
できるところからでいいから、もやもやしたものを言葉に直してく作業を意識していけば、私が重視している「感覚」というものは、もっと研ぎ澄まされていくんではないか、と思った次第。

うーん、結論まで持って行くのにだいぶ時間がかかった。今回の文章は(も?)題名と内容があまり合ってないかも。他の人が読んだら、「こことここ要らないよ」とか思うだろうなぁ。
ただ今回は、余計だったかもしれない経緯も残しとこうと思うので、こんなに長くなりました。最後まで読んでくれた方、どうもありがとうございます。
明日もアンケートです。場所は違いますが。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゆったら、せいせいどうどうとできる? | メイン | もうすこしたえてくれ。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/66-a508d432

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。