アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 いしきしてつかえたら。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いしきしてつかえたら。
2005/12/02(Fri)
知り合いから突然の電話。鬱気分になって、ひとりでお酒を飲んだ帰り道らしい。
最近の彼ならそういうこともじゅうぶん有り得るので、特に驚くにあたらなかった。
そして、暫くとりとめのない会話をしてから、
最後に「じゃあひとつ、気合の入る言葉をくれ」と言われた。

相手はそんなに期待してるわけじゃないとわかってても、やっぱり焦ってしまう。
私は意識して言葉を使えないから。

私が何気なく言った言葉に、相手が驚いたり、発見したりということは、よくある。
たぶん、実は、誰にでもよくあることだと思うけど。「え?今の言葉が、よかったの?」と思ったり、自分で言ってから「あ、今のはいいかも」と感じた記憶だけが残っている。(そして肝心の言葉はもう記憶に残っていない…)

でも、相手に何か確かなものを与えようとして、言葉を紡ぐと、空回りする。
私は焦って、あとからあとから言葉を発するけど、フォローになってなかったり。

私の感覚的なもの言いや振る舞い、もしくは私のなかにある何かが、ある人達には「必要なもの」となる。
こう自覚できたのは、本当に最近のこと。それから、私は必要以上に自分を卑下しなくなったように思う。(逆に開き直りが多くなって、困ってる人もいるだろうな)
でも、私の中のものを、私自身はうまく使えない。それがちょっと、もどかしい。

私の発した言葉は、綺麗過ぎて、あまり気合が入らなかったようだ。それでも、しばらく会話したことで、彼は満足したらしい。
それならいいのだけど。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<分析開始(遅い)。 | メイン | 結婚ばとん。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/60-6cc79f9a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。