アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 会って、思ったこと、に忠実に。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
会って、思ったこと、に忠実に。
2006/01/04(Wed)
会わないまま、自分だけで考えていると、どんどん不健康な考えになる。
自分の中にいる相手は、最後に会った時(もしくは、電話やメールをした時)から動いていない。相手が今動いているかどうか別にして、自分の中で向き合える「相手」は、過去のものでしかない。
自分自身の気持ちを確かめたいなら、会うしかない。
考えている時ではない。会った瞬間の、自分の心の動きが、本物だと思いたい。

会えていないパターン。
「忙しさ」を理由に会うことを断られたなら、彼にとって私の存在はその程度のものだ。
重ねてきた時間が短い上に、会わない時間が長すぎて、自分の気持ちが見えなくなる。私は彼に何を望んでいるのだろう。伝えることか、関係の維持か。

物理的に遠ざかったら維持できるかどうかわからない関係でしかないのなら、正しくなくても、もう一度伝えてしまった方が、私は納得するだろうか。そもそも、伝えたいと思う言葉が、日によって変わる。
案外、冷めているのかもしれない。
会えばわかるような気がしても、次の約束を言い出せないでいる。断られたことが意外と尾をひいている。

会えているパターン。
失いたくない、と思った。
自分の気持ちが時折強くなって、それでも不確実でしかない中で、それだけが本当だった。
そこまでわかってしまったら、やることは、あまり数がない。
信頼されていること、愛情があることが、よくわかる。私の不確かな言葉が、それをあっさりと崩壊させるかもしれない。

それ以外のことでは、私達の関係は簡単に壊れない、という信頼感が、なおさら怖い。本当に、「それ」さえ言わなければ、何もかもうまくいくような気さえする。
全部言ってしまいたい瞬間があった。今の心の動きを、全部。でも、言えなかった。
失いたくなかった。彼に対する、今の私の姿勢を支えているのは、それだけだ。
夏の別れが、トラウマである。何も変わっていない、ともう一度言われたら、私はどうなるだろう。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<いしきして、むりをする。 | メイン | 無条件ばとん「野生の勘に従う」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/39-eef2f894

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。