アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 近距離。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
近距離。
2007/06/13(Wed)
「守りたい」と君が握った手は
しわくちゃで、深爪で、ささくれが酷いけれど
たぶん価値があるのだろう。



すぐに顔に出るくせに、なんでそんな顔をするのか
まるで説明しない、見栄っ張りな私を
「元気がない気がした。大丈夫?」と心配してくれてありがとう。

それも、リアルタイムでなく、一晩くらいの時間の後に。
しばらくの時間「大丈夫かなぁ」と考えてくれてたんだと分かったから、
申し訳なくて、でも嬉しかった。

もっと頼っていい、甘えていい、我侭になっていい、
と言われて、悲しくもないのに涙が出てしまった。
間違えてこぼしてしまったようなたどたどしさだけど、
何が辛かったのか、何が悲しかったのか、伝わっただろうか。

私の不機嫌さなど、君が職場から受けるプレッシャーに比べれば
子供じみていて、たいしたことがないのに。

君がこんなにも優しくて、受け止めてくれる人だと言うこと。
最初に「好きですよ」と言われた時には、想像もできなかった。



かすかな、誰かの、「俺は親じゃない」と呟いた記憶。

ごめん、と謝ることは、きっと間違っているけれど。
私はまるごと愛されたかった。もうあなたを思い出せない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<停滞。 | メイン | 書けば書くほど自己弁護。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/300-e099be8d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。