アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 嫉妬。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
嫉妬。
2007/06/01(Fri)
このあいだまで幕別にいた彼は、先日から東京で研修中です。

東京とは呼びにくい、たっぷりの自然と、
駅から徒歩1時間、バスも無い環境の中、
とある資格を取るために猛勉強。テレビもないそうです。

「君は十分がんばってるよ」と言った時

「でも、僕は出来が悪いから
人の期待に答えるためには
人の倍努力しなくちゃいけないんだ
今までだってそうしてきたし」
とメールが返ってきた。

一瞬、荒れた。あくまでも、私の心の中だけど。

劣等感を強く持つ女性は、見下すことのできる男性を選ぶらしい。
周囲には、私の方が立場が上に見えているのだろうけど。

君の言動は時として私のコンプレックスを刺激する。

かつて「見栄っ張りのくせに卑屈」だと言われた私の。

人から期待されないように、中途半端に行動する
出来が悪い位置に安心して、努力しない
そのくせ、ささいな注意や言動に嫌気がさして
(今年度に入ってからその傾向はますます強い)
そしてそのことで自分を責める

ある時期から、そうやって生きてきた私の
いったい何が「魅力的」なんだろう?

そのメールをもらった日に起こった出来事や
その時私が感じたことは、言わないでおく。
「そんなこと思わなくていい。君は魅力的だから」
と言ってくれることを知っているから。
知ってて愚痴をこぼすのは、なんだか悔しくて
悔しいと意識できるうちは、まだ甘えたくないのだ。

時間の問題だろうけど。
スポンサーサイト
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<書けば書くほど自己弁護。 | メイン | 今までとは違うものを(夏の靴)。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/298-03244350

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。