アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 清算
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
清算
2007/04/08(Sun)
「彼のところには、行ってほしくない」とあのひとが言った時点で、
私は答えを出すべきだったのだろう。

2日前に別の人と見た夜景に、もう一度、連れてこられた。
それはあのひとなりの抗議であり、想いだったのだろうか。
「かわいいとこあるんだなぁ」と思ったのは事実だけれど、
その時発せられた言葉が響かなかったのも、また事実だ。

あのとき、「(行くのは)やめておくよ」と言った自分に
薄ら寒い何かを感じた。

それが嘘だと、無意識にわかっていたし、
あのひとを守るものにもならないと、感づいていた。

優先できないという事実の前で、嘘は露呈された。



確かでありながら、規定するものがない関係に
というよりは
確かかどうかでさえわからないことに、私はうんざりしていたんだと思う。

簡単に言うなら、信用できなかったのだろう。


連絡がとれたことは、単純に嬉しかったけど
もう多分会うことはないと思っていた。
ひどいことをして、私への信用は消えたと思っていて、
遠くから見える関係であれば、本当に、それでよかった。

「まだ話をする価値はある」
「利用されてみないか」

おそらく(あのひとにとって)意味のない言葉尻に、私は随分縛られていた。
優しくされても、気持ちがよくても
「利用されているだけだ」「少し時間がたてば、離れる」
と催眠術のように呟いていた。

もう何度も嫌われて蔑まれているから
(そんな風に思ったことはない、と彼は言うだろうし、それは信じるけど)
いつ壊れたっていいと思っていて、ずいぶんありのままに接した。



「付き合っていると思ってた」と言われたときに、心から驚いた。
そんな風に思われていたことと、
そんな風に言われても、嬉しさがこみ上げなかった自分に。

「何のために夜景を見に行ったんだろう」
「何のためにあんなこと言ったんだろう」

朝7時の突然の訪問者は
30分後に「もう会うことはないね」と言って、そのドアを閉めた。



どこを探しても、同じような人はいない。
社会でまっとうに生きる能力はあるのに、どこかズれた道を歩んで、
社会から距離を置きつつも、誰よりも「人」が好きな人。

「お前は俺から卒業した方がいい」と言われたことがある。
「私が別の人に行くときは、私の何かが死ぬ時だ」と言ったことがある。

あのひとと何かを共有できなかったことへの悲しさは
ずっと前に感じていたものより、ずいぶんと薄い。
私も所詮、「こっち側」の人間だったのだろう、と思っている。
それは少しの侮蔑を含む。


これから時間をかけて、私は自分の中の何かを殺していくのだと思う。
あのひとの言葉を借りて。
もう二度と会わないけれど、言葉で繋がる場所はあるのだ。

清算は始まったばかりだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | あのひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<待機。 | メイン | CD買いました&買います。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/288-40b197cf

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。