アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 懺悔。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
懺悔。
2007/03/08(Thu)
※酔っ払ってます。

「僕、ryonoさんのこと、好きですよ」
冗談ぽいもの言いが、本気だったのか、どうなのか。
笑って流して、ごまかしてしまって、ごめん。
酒の席とはいえ、君は勇気を使ってくれたんだろうか。


良い子だし、きっと付き合ったら、楽しいし、優しくしてくれるだろうけど。


なんかね、申し訳なくなってきてしまう。
女性と付き合ったこともなければ
告白したこともないというような人と
私のような人間が何かしらの関係を持つ、ということが。

というのも言い訳だろうか。


君を好きかどうかと問われれば、口をつぐんでしまう。
私が君に惹かれているとしたら、都合の良さではないのかい?
だから、言わせるだけ言わせても
私はまともに請合わなかったんじゃないかい?

きっと良いように利用してしまうから。
初めて付き合う女性がそれじゃ可哀想だろう。
君は、もっとまともな誰かを好きになって
まともに恋愛した方がいい。最初なら、なおさら。

私に引っかかってるようじゃ、ね。

今、寒いなか、歩いて帰ってるんだろうな。
悪いことしたね。
もしもう一度、あの時の台詞を持ち出すようなら、
私も何らかの決意が必要だろう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おもう。 | メイン | ひだまり。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/278-fecd58e5

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。