アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 騙されるという礼儀
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
騙されるという礼儀
2007/02/12(Mon)
発端は知らない。
私に対するストレートな興味(または欲望)か
純粋な気遣いと優しさか。

ひとつひとつの小さな行為と言葉が、小さく小さく思考を乱す。

この人は私とどうしたいのだろう、という素朴な疑問。
自分はどこまで思いあがっていいのか、という境界線。
思うことをそのままぶつけたら、
その綺麗な顔を歪ませてしまうかもしれない、という不安。
何かの勢いで飛び出しそうな言葉は、ひっそりと喉にしまわれている。


元気になってくれるように、という気遣いからなのは容易に想像できる。
思考は小さく乱されるけれども、
二度と味わえないと思った気持ちも、作り出してくれるのだ。

気持ちよく騙してくれるのなら、気持ちよく騙されよう。
それがサービスに対する礼儀だ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 突き抜けて楽しい人。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チェックのスカート | メイン | 無題。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/267-edb4b7bc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。