アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 つなぎとめるもの。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
つなぎとめるもの。
2006/12/12(Tue)
「社会」とか「世間」とかいうものがあるとして、
私はそれと上手くやっている方だと思っていて、
距離を置いていたあのひとと、「社会」の間にいると思ってた。

でも、「世界」というものがあるとしたら、
あのひとは私をそこに繋ぎとめてくれていた存在だと思う。
「世界」の真ん中にいたひと。

あのひとを切り離してから、まるで色んなものが遠い。
自分の持っている価値観、感覚。薄い膜。ガラスの壁。
楽しいことを楽しいと思えるのに、
楽しいと思った瞬間、それが罪のように思う。
その程度の悲しさか、と言われているようだ。
もしかしたら、本当にその程度なのかもしれない。

具体性はどこにも無いのに、
自分がこの世界からいなくなるイメージだけは毎日のように。



自分よりあのひとが好きだから、
あのひとがここにいないなら、見もしないなら、
どう生きたって、私には関係ないように思う。

がっかりした。
私はあのひととはまるで違う。



物理的なしがらみのために、28までは生きる必要がある。
仕事は嫌ではない。むしろ、やっていて楽しい。
自分の今ある感情と、仕事での態度は、切り離せるだろう。
いかに切り離せるかが、今しばらくの課題。


叶うなら、私は結局あのひとから逃れられない、という感覚を、
「彼」に知っておいてもらいたいのだけど。
彼は私にまるで興味が無いし、
経緯を説明したら怒られそうだ。自業自得だけど。
スポンサーサイト
この記事のURL | 直感。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<近況(mixi日記から一部抜粋) | メイン | 未成長>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/250-1778cdcc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。