アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 たったひとこと。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たったひとこと。
2006/04/21(Fri)
歩み寄ることや、求めることに、なぜリスクを恐れる?
あなたは何を守っているの?
と、あのひとは言う。

断られるたり嫌がられたりするのが怖くて、お願いすることが、本当はとても下手だ。
今日、たった一言言うことに、とてもとても勇気がいった。
そしてあっさり突き放された。
とても筋の通った、「仕方ない」としか言えない理由で。
だから、責めることも、不満を言うこともできなかった。
そのくせ、笑って別れることもできなかった。子供だ。
リスクに慣れるなんて、できそうにない。
みんな、いつもこんな風に引き千切られるような思いをしているのだろうか。
それとも私が自意識過剰か。

蚊の鳴くようにしか言えなかった一言は、何も動かさなかったのに、
たった一瞬の、何気なく放ったひとことが
「お前はそういうもんなんだと、納得するしかないだろう」
と言わせる。
あのひとが私を「諦める」たびに、ひとつ距離があいたようで、とても痛い。
ちゃんと気づいたのに。ちゃんと謝ったのに。
そんなひとりよがりの正しさは、何も生み出さない。
否、不愉快さだけが生まれる。

不安定さが安定し始め、確かさがさらに確かさを帯び始めてから、
私たちの間に、どれくらいの距離ができただろう。
あのひとの指摘は、いつも私を根本からぐらつかせる。
人として、駄目だね、そう言われている様だ。

あのひとが悲しむところなど見たくないのに、私が悲しませているのだ。
私といるから、あのひとは悲しいのだ。

それでも、このまま離れることは選べない。

会うたび、優しく笑ってくれるたび、
また会おうと言ってくれるたびに、私は安心し、期待する。
あのひとは、無理に私と会ったりしない。とても正直な人だ。
また会えるのね?
本当は、とても嬉しかったの。でもうまく笑えなかった。

過去の言葉を修正することなどできない。
できることは、時間を積み重ねていくことだけ。
そしたら、私はもっとあなたを楽しませてあげられるだろうか。
絶望などさせなくなるだろうか。

今日会った顔で最後なんて嫌だから、次に会うまでは、死んだりしない。
大げさかな。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<きづいてからはおそい。 | メイン | 恋愛ばとん「たかが恋、されど恋」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/25-742baa1f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。