アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 手段のための目的
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
手段のための目的
2006/11/27(Mon)
この音楽も、この食べ物も、このDVDも。
生きる、という目的を遂行するための手段だ。


目的を遂行するために、生きるという手段を取ることを
私はまだ知らない。

生きていることがすでに奇跡。
だから、それ以上を望まない。もう十分。

あのひとは、そんな生き方を嫌った。蔑んだ。
悟ったようなことを言うな、と。



助けてもらった後のイメージができなくて
どう助けてほしいかわからなくて
あのひとに連絡を取ることが怖くなった。

前を向いているあのひとを知って
置いていかれたような気がして
今の自分を軽蔑されるのが怖くて、自分からほとんど全てを切り離した。

そうやって、少しずつ、嫌われるように行動している。
知っている。全部、構ってほしいが為の、馬鹿げた行為だ。


まだ頼ることができない。
なんでこんなにしんどいのか、自分でもわかってないから。

でも他の人にも頼れない。
頼っても、満たされないことを知ってしまっている。
頼るなら、あのひと。
あのひとも満たしてくれないなら、そのまま生きるしかない。
納得なんてするもんか。

でも辛い。
消えてなくなるイメージが、日に日に強くなる。

仕事に行けてよかった、と思いつつ
仕事に行けないくらい沈んでしまえば
あのひとに連絡を取れただろうか、と想像する。
それができないくらい、私はまだ色んなものを守り過ぎている。

早く。
スポンサーサイト
この記事のURL | 直感。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<もやもやなりに。 | メイン | 4連休でしたが。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/237-e067345b

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。