アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 シンプルイズベスト「ザ・クロマニヨンズ 出現!!ツアー」
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シンプルイズベスト「ザ・クロマニヨンズ 出現!!ツアー」
2006/11/13(Mon)
ザ・クロマニヨンズ (初回限定盤)(DVD付) ザ・クロマニヨンズ (初回限定盤)(DVD付)
ザ・クロマニヨンズ (2006/10/25)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る


「THE BLUE HEARTS」と「THE HIGH-LOWS」で名曲を残してきたコンビ、
甲本ヒロトと真島昌利がみたびバンド活動を始めました。
私は上記2つにはリアルタイムでは全く興味がなく、
(ハイロウズに至っては「トナカイの格好した変な人達」というイメージ)
今年社会人になってから聴き始めるという超スロースターターです。
聴き始めたところで新バンドの情報ゲット。これは運命だ(違う)。


11月8日、札幌ペニーレーン24にて。
(あらかじめ言っときますが、セットリストはありません。覚えてない…)

仕事の後だったので、ちょっと遅刻して入る。
おそらく2曲目か3曲目(「キラービー」)だったのだろうが、
序盤からもうものすごい熱気。当たり前か。

最前列の様子はわからなかったが、
会場真ん中あたりのお客達は、礼儀がいいというかなんと言うか、
ぴょんぴょん跳ねつつも、お互いの距離が保たれている。
ぶつかるかぶつからないか、て程度。
一人か二人で踊っていたい人たちなのかなー、と思った。

ということで「連結器よ永遠に」「くじらなわ」を聴きながら
落ち着いたノリを見せつつ(ほんとは跳び回りたい!)、
隙間を見つけては少しずつ前の方へ進んでいたところ、
中盤、私の大好きな「歩くチブ」が始まって


1番が終わる頃にはもう最前列グループに(早)。


このアルバムは、
何も考えなくてもすこーん、と耳に入るシンプルなリズム、
それに乗る掛け声(という表現でいいのかな…
「うぉううぉう」「いえー」みたいな声が
ほとんどの曲に入っている気がする)が魅力だと思っているのですが、
その中でも「歩くチブ」のそれは個人的に大好き。我を忘れる。
我を忘れて付き添い人を置いていった(こら)。


最前列グループはやっぱりすごい事になっていました。
ぶつかるぶつかる。もうぶつかるために踊っているようなもの。
皆半そでで、汗が飛び散ってくる。(終了後、汗がしたたってる方多数)
私は長袖シャツに上着も着てたので、傍目には相当暑苦しかっただろう…。



さてさて、今回のライブでの個人的な発見について。
実は私、このアルバムではノリのいいサウンドばかり目(耳?)がいって、
バラード調である「夢のロッケンロールドリーム」は
正直、あまり好きではなかったのです。

が、ライブ終盤(だったと思う)ヒロトが静かに歌っている場にいると、
なぜか涙が出てきそうになりました。
そしてこの曲が一気に好きになりました。
ライブはこういう発見があるから好きだ。CDとは違う響き方をする。


あともうひとつ。これは発見というか再確認に近い。
私は音楽を聴く時、主にボーカルや歌詞を重視する傾向があるのだけど、
このアルバムでは、なぜかドラムばかり聴いてしまった。

なんていうか、魅かれる。言葉にできない。
これは恋だ!(言い過ぎた)
徹底した正確さがあるからかな、と思う。

そしてやっぱりライブでも、姿は見えないけど、ドラマーが
ライブ会場を満たす、一種の安心感を作っていたように思う。

ベッドがふかふかだからぐっすり眠れるように、
ドラムがきっちりしているから目茶苦茶にノれる、というような。

…例え大失敗。


たたいてる姿、見たかったなー。
桐田勝治さん、Gargoyleというバンドで活動されているそうです。
顔はベースの小林勝さんの方が好きですが(笑)、
このバンドでは桐田さんが一番好きになりそうだ。


新曲らしきものも、隠しトラックもやってくれて、もう言うこと無いです。
デビューしたてだから、全曲聴けたし、最高。
今後もペニーレーンみたいなこじんまりとしたとこでやって欲しいなー。
スポンサーサイト
この記事のURL | おんがくをきく。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<初ドーム。 | メイン | 無駄>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/224-5b09f28f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。