アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 しずむ。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
しずむ。
2006/11/09(Thu)
自分が沈んでいくような感覚だけはわかる。
このままでは駄目だというのも意識する。

でも実行しないなら無いのと同じ。
だから意識していないと言い聞かせる。そうやって辻褄を合わせる。

危険な兆候だ。



渇きを覚えることも、想い続けることも、幸せだと思い込んでいるけど
幸せだと言い聞かせれば言い聞かせるほど、実感は乖離する。
外から来る情報に快楽を任せて、やっと安心する。そして嫌悪する。



あのひとに会えない。

会いたいから頑張ろう、とすら思えないことに、私は驚愕する。
会えないのは悲しい。でも、無理をするぐらいなら、させるぐらいなら
心の中に、文字の中に、不満をためたまま隠れ続けよう、と。
そんなに疲れているのだろうか。私が?何に?



私が何か話せば、きっと悲しい顔をする。
今までだってずっとそうだ。
私といることで、悲しい顔をされるなら、

そして、軽蔑されるくらいなら。



常に死を意識する。
具体的な事例としてではなく、抽象的なものとして。
目の前に、ボタンがあれば。
それを押せば、君は消えることができるよ、と囁かれたら。
私は押せる?


一年以上前、同じイメージを持った。
どこにも行けない、行きたくないまま、部屋の中で、ベッドの上で。
何日かたって、私は部屋を出て、札幌に帰った。

ずいぶんあとで、その話をして、
「呼んでくれればよかったのに」とあのひとは言った。

今はまだ、どこにも行きたくない、とは思わない。
仕事は楽しいし、生活はできる。今日はこれから飲み会もある。
ボタンを示されても、一瞬躊躇するだろう。


自己嫌悪は自分に優しい、と脚本家が言っていた。
自己嫌悪ができるくらいなら、まだあのひとを呼べない。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<変わらないなぁ。 | メイン | 根本的未解決>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/220-42543d8e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。