アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 時機。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
時機。
2006/08/29(Tue)
当初自分で予想してたより、「彼」を好ましく思う。
お互い、「軽い」気持ちで始めてから、まだ一週間。
とてもとても大事に扱ってくれるけど、彼は、私をどう思っているのだろう。
気になる発言もあった。あれは、戯言なんだろうか。
私が気にしすぎな可能性も、大きい。


そして、事態は思ったより早く、そして深刻に進んだ。


「君に支えられていたことに、気づかなかった。
 君がとても、とても大事だ。好きだ。」

あのひとは、そう言った。
大事な人を、最悪の形で失ったあのひとはとても弱弱しかった。

私はこんな結末を期待して、ずっと彼のそばに居たのに
利用されている形でも、私が利用していると言い聞かせて、
自分が破棄される時が来るまで、そばにいたつもりだったのに。

一週間前、私は自分から破棄したのだ。
先の見えない想いに耐え切れなかった。
そのくせ、裏切るかもしれないと、「彼」に言ってのけた。

もう少し、耐えていたら。
「彼」に何も言わず、もう一週間、耐えていたら。
もしくは彼が優しくなければ。
彼が、気になることを言わないでくれれば。

全てのタイミングが狂っている。



私達は、やり直せるのだろうか。
それとも、もう遅いだろうか。
「なんで俺には笑ってくれないで
会ったばかりの彼には、そんな笑顔を見せるの」
「きっと俺たちは、幸せになれない。
俺は素直じゃないし、お前は笑ってくれないし」
やり直すには、課題が多すぎるし、私自身が、迷いすぎている。


どうしたら、私は満足するのだろう。
手に入れようとするのではなく、失っても立っていられるように、
私は、どう動くのだろう。

正念場だ。

正直、逃げ出したい。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<感情。 | メイン | どうして>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/185-1f36ee28

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。