アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 青く、白く、時止まる:『紫の雨-福井爽人の世界』
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
青く、白く、時止まる:『紫の雨-福井爽人の世界』
2006/08/07(Mon)
※この展覧会は7月31日に終了しています。(札幌)

夜明けが大嫌い。
現実に引き戻されるようで、夢が冷めたようで。
だから、夜空が朝に向かって白を帯びていく様は
見ていて辛くて、でも目には容赦なく光が差し込んで、苦しい。

そんな私でも、彼の作品『明ける時』は好きだと感じた。
遠くの街の、おそらく夜明け。
それを見つめる、ピノキオのような人形。横たわる時計。

夜明けの過程の、ほんの一瞬をとらえているけど、
この絵はこの瞬間だけで、進むことも止まることもない。
だから、安心して見ていられた。
夜明けの色は、美しかった。



小樽出身の風景画家、福井爽人の個展。
タイトルこそ「紫」だけど、
彼の作品は青と白を基調にしているように見える。
一番初めに目に飛び込んだ『夜想譜』は深く、
暗い青が一面に広がっていて、濃密とは思ったけれど、
不思議と重たさは感じなかった。

青といえば、『雨後』も好き。青い馬が、とても印象的。
ファンタジーとは呼べないけど、幻想的なたたずまい。
目にひきよせられて、いつまでも見ていられそうだった。

白といえば、『北明』。
夜深い時間帯だろうか、その夜の真ん中で、
木立が白く浮かび上がっている。
「浮かび上がる」という言葉がぴったりくる。
でも、立体感はない。何故だろう。

彼の作品たちは、営みや風景の一瞬を捉えていて、
でもそれは、ほんとうに一瞬だけ取り出して
もう動き出さないように封じ込めてしまったように見える。
「張り付いている」という言葉でもかまわない。
それでも、そこにある空気は感じ取れるから
「死んだ絵」とは感じない。

動き出さないから安心して見られる。
そして生きているから、心で感じ取れる。

彼の絵は、とても優しいのだろう。

ときおり白い壁に、散文詩があった。彼は詩人でもあるのだ。

「心あるなら
 この墜ちた鳥を穴に葬り墓標をたててはいけない
 
 (中略)
 
 鼓動のあるかぎり
 戦い続けたこの小さな海鳥は
 白い貝殻が散る砂浜に
 一羽で横たわるのがふさわしい      (後略)」
スポンサーサイト
この記事のURL | あーとにふれる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<結局 | メイン | こころをなくすとかいて、「忙しい」。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/179-aefdf111

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。