アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 はがゆい。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
はがゆい。
2006/07/25(Tue)
他の「社会人一年生」と比べて、初々しさはないと思う。

自分に期待しすぎて空回りするのはもう嫌だったし、
あまり意気込みすぎて途中で脱力、なんてこともしたくない。
新人はデキなくて当たり前だし、下手に一人で行動するのは危険。
将来、使えないと思われてクビを切られることも厭わない。
出世なんて面倒くさい。責任は要らない。
言われたことをこなすぐらいの立場でいい。

と、随分酷いことを思いながら、日々職場に通う。



(私の属する)管理係は本日、私以外全員休み。
「ピン」と呼ばれる状態だけれど、こういう時に限って何かが起こる。
もちろん普段から何かは起こっているのだけど、
一人だと相談する相手もいなくて困ってしまうから、そう感じる。

ピンは初めてではなかったけれど、今日は不思議な気分だった。

いくつか起こったハプニングに対して、
私ひとりで決断できないことが、何だか歯がゆかった。
上司に(翌日読めるように)社内メールを送ることしかできないし、
周りの仕事相手も私ひとりでは指示もできないことを知っている。

今まではそんなことは当たり前で、
自分にがっかりすることもなかった。
何もできなくて、周りが私にマイナスの評価をするとしても、
私が高評価を望まないなら、それを不満に思うわけがない。

でも
もしかしたら、今起こったことは
私一人でも判断できて、指示ができることだったかもしれない、
普段からもっと自分で情報を収集して、色々上司に聞いておけば、
わざわざ休日の彼の携帯に連絡を入れることもなかったかもしれない。

意識はしていたけど、やっぱり私は周囲に対して受身だった。
責任を放棄しすぎてた。
これじゃいけない。

周りに迷惑をかけるから、というより
ひとりじゃ何もできない自分が嫌だ、と思うから。



このあいだまで、仕事というか、人生にかなり後ろ向きだったけど、
その時の自分とはえらい違い。
いつまで続くかな。

それとは別に、自分がどんな人生にしたいか、ちゃんと考えなくちゃ。
スポンサーサイト
この記事のURL | せいかつをする。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ひとりよがり。 | メイン | ひとりで、にほんしゅ。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/173-e3669814

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。