アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 わたし、どうしたい?
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
わたし、どうしたい?
2006/06/27(Tue)
過去ログを、必要だと思うものは、すべて移動した。

作業中、とばし読みでも思うことはあった。
ブログを書き始めると同時に、いろんなことが動き出したから。

偶然か否か、もうすぐ一年がたつ。

2年を経ての、あのひととの再会。
彼女との、始まりを予感させるティータイム。

どちらも、始めたばかりの日記に書いてある。
そのころは、こんな「結末」を迎えるなんて、思いもしていない。
思う暇がなかった。

日記からわかることは、私はときどき立ち止まりながら、
それでも一生懸命、生きようとしていたようだ。
ゴールなんて設定もせず、でも何かを求めて、
おそらく、歩いていたのだろう。
そして、歩いただけのものを手にし、感じてきたはず。

あのときの私から見て、今はどううつるだろう。

なんて無様。

幸福を自分の手で壊して、それを何度も反芻して
忘れようとしながら思い出して
そのくせ記憶は簡単にぼやけていって
優しくされて幸せなのに、疑心暗鬼になって、勝手に絶望して。


困っていることがある。
自暴自棄ではない。

こうしたい、こうなりたい、こういう人生をおくりたい。
そういうゴールを、まるで描くことができない。
そして描けないことに困っているのではなく、
困っていないことに、困っている。わかる?

きっとこれからも、朝起きて、仕事をして、夜は眠るだろう。
休日は買い物に出かけて、友人と会うだろう。
そのうち、縁もゆかりもない土地に移って、仕事をするだろう。
そのまえに、簡単にクビになるかもしれない。

それらについて、何も思うことが無い。

一番近い言葉で言うなら「だから何?」

「私どうしたいんだろう」って悩んでしまう話は、たまに聞くけど、
それもどうにかしたいっていう「上昇志向」の表れ。
生きていこうとする証。

どうしたいんだろう、と悩むこともない。
目的が無い、将来の不安、そんなものに対して
とても冷めた目で見ている。

あのひとのようになりたい、と願ったことも懐かしい。
今は、あのひとの言ってたことが、まるでわからなくなった。
たぶん、最初からわかってなかったんだろう。

がっかりした?
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おもいださなくちゃ。 | メイン | 花が枯れました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/161-6a629559

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。