アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 「ryonoさんが隣にいるといごごちがいいんです」
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「ryonoさんが隣にいるといごごちがいいんです」
2005/07/03(Sun)
今日は、アルバイト先(塾)の方とケーキを食べに行きました。
市街地の中心から少し外れたそのケーキ屋さんは、
エントランスはこじんまりとしているのに、
一歩足を入れるととても奥行きがあり、
お店のすみずみに上品さが漂うようでした。


今日は、私と、私と同時に入った方(男)、最近入った方(女)の三人だったのですが、
その最近入った方(Hさん)とは、シフトが同じでもまだほとんど話したことがなかったので、
とても楽しみな反面、うまく話せなかったらどうしよう
むしろしゃべりすぎて(関西人の悲しい性?)変な印象持たれたら…、とちょっと不安でした。
でも、私と同期の人(Wさん)との掛け合い漫才(普通に会話してるだけでそうなる)
に予想以上に受けてくれて、よかった、よかった。


話がはずむうち、彼女は、とても嬉しいことを言ってくれた。それが、冒頭の言葉。
よく「自分の意見をはっきり言う」「楽しい」「おもしろい」等の評価をもらうことが多いのだけど、
居心地、という言葉は使われたことがなかったので、
とても、とても、うれしかった。
人の作り出す空間て言うのは、ほんと、十人十色。
誰でも受け入れそうな空気、あまり人を寄せ付けない空気、
気品がある、とか、えとせとら、えとせとら。
彼女は、私の作っているであろう空間を「居心地が良い」といってくれた。
お店のステンドグラスが、とても綺麗に見えました。



ただ、せっかく仲良くなれたけど、その塾バイト、もうすぐやめるんだよね…
事情があるとはいえ、寂しいなぁ。
また、ご飯たべに行きましょう。私も、あなたの隣は居心地がいいよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「10年後に会いたいね」 | メイン | 親愛なる友人へ。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/159-3bacf7dd

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。