アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 すてきなおんなのこ。『神戸在住』(木村紺)
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
すてきなおんなのこ。『神戸在住』(木村紺)
2005/07/17(Sun)
昔、サークルの友人に借りていたもので、そのころから気に入ってはいたのだけど、彼は学校の事情で遠くにいってしまったんで、「ああ借りれねぇな、残念」ぐらいで済ませていた。
昨日、ふと思い出して、続きを購入。
東京出身の女の子が、神戸に来て、美術の勉強をしている。素朴な絵と、手書きの文字が、とても丁寧。主人公の性格が伝わるようだ。
主人公、桂(かつら)は、言ってしまえば、地味な女の子だ。着飾るでもなく、恋人いないわ~って嘆くでもなく、遊びほうけたりもしない。優等生というわけでもない。失敗もする。人見知り。授業に出席し、部室(?)に顔を出し、休講になれば友人達と街にくりだす。本が好きな、女の子。みんな、彼女が好きで、ちょっかいをだし、おもしろがる。彼女はそんな友人達にも暖かいまなざしを向ける。
周りには素敵な人たちがいて、素敵な街並みがあって、日々の営みを、主人公の女の子は、それは丁寧に切り取っていく。
たぶん、一日一日を丁寧に生きている姿が、みんなに愛されている理由なのだろう。
阪神大震災の話や、中国系2世のお話や、障がい者のお話もあり、決して軽いだけではないが、説教くさくもない。こんな人がいて、こんなことを考えてる。というおはなしでした。と、単なるそれだけのことが、いつまでも印象に残る。
これは実話ではないらしいが、たぶん作者も、繊細で、丁寧な、桂みたいな女の子だろう、と推測。
早めに7巻買いに行こう。
スポンサーサイト
この記事のURL | ほんをよむ。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ちょっと、いや、かなりまいあがる。 | メイン | 決別。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/149-89b55de0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。