アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 静かなる決着。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
静かなる決着。
2006/02/09(Thu)
急な誘いだったのに、受けてくれてありがとう。

3ヶ月ぶりの食事。

高い天井。薄暗い照明。スクリーンに映る、海外の映像。
少な目のお酒。たわいもない会話。

地下鉄に乗り、「おやすみなさい」と言って、部屋に帰る。
とても、穏やかな気持ちだった。楽しかった。

私の思うことを、伝える選択肢もあった。でも、何も言わないでおいた。
彼の中では、全て終わっていることだ。

今日が楽しかった。ならきっと、次に会う時も楽しくできるだろう。

これから二度と会わないとか、一対一で誘わないとか、そうは思わない。
気が向いたら誘うだろう。彼も気が向けば応じるだろう。
自分が良いと思えば応じるし、嫌なら拒否をする。そういう人だ。
それなら、それでいいのだと思う。

その「次」がいつになるか、わからない。
でも私は今までのように、必死になって「約束」を作り出そうとは、もう、思わない。

でも私は、本当に、君が好きだったと、思う。
君の顔が好きだった。それは信じて欲しかったけれど。

今までごめんなさい、そして、ありがとう。これからも、たまによろしく。
スポンサーサイト
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<BUMP OF CHICKENバトン「ささやかな勇者」 | メイン | しゅうしふを、うとう。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/12-ceb2463f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。