アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 はんせい。「北海道交響楽団第53回演奏会」
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
はんせい。「北海道交響楽団第53回演奏会」
2006/02/12(Sun)
2006年2月12日(日) 15:00開場 15:30開演
札幌コンサートホールKitara(大)
リスト/交響詩「前奏曲」
メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64(ヴァイオリン独奏:天満敦子)
プロコフィエフ/交響曲第5番 Op.100
指揮:川越 守、北海道交響楽団

諸事情で前半は聴けず、プロコフィエフの5番しか聴けませんでした。
普段聴かない作曲家さんであり、あまり予習しなかったせいか、
「この感じ」は演奏に対してか、曲に対してか、
演奏の上手さか、単に私の好みなだけなのか、
なんだかよくわからないまま座って聴いていました。

1楽章の弦楽の出だしと、3楽章のホルンがとても素敵だったことは覚えています。
あーもう、好きなように聴けばいいのに、
クラシックだと身構えてしまうなぁ。いかんいかん。

メンデルスゾーンのコンチェルトが良かったとのことで、聴けなかったのが残念です。
スポンサーサイト
この記事のURL | おんがくをきく。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おのずから、やさしく。 | メイン | BUMP OF CHICKENバトン「ささやかな勇者」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ryono.blog56.fc2.com/tb.php/10-095dcf85

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。