アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 2007年07月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
こんな会話をしています
2007/07/28(Sat)
3割引きの券を持ってるからあげるよって話をしていたからだと思うんですが。

突然こんなこと言われました↓
「となりの家にミス○ードーナツができたんだって」
「へー(塀)」
「僕の言いたいことが伝わったんだね!嬉しい」


…アホや、うん。
スポンサーサイト
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
追い求めない、悲しまない。
2007/07/27(Fri)
不確定な未来について、相手を追い詰める必要なんてなかった。
最初に望んだのは彼だったのに、
今では私の方が「安定した未来」を
「繋ぎとめるための約束」を得ようと足掻いている。

私は歯がゆさを、彼は悲しさを抱えたまま、今日は別れた。

言い訳はいくらでもできる。
私は仕事を続ける以上、いつ何時、この場所を離れるかわからない。
「それ」を言い渡されたら、受け入れるつもりだ。
そして、彼は仕事を辞めるつもりはない。
遠く離れても想い続けられれば本物、という意見は、私には戯言だ。
欲しいと思うことが真で、物自体の真偽などあまり意味が無いとも思う。
試している余裕は無い。


でも、よく考えれば、出会えただけで、いま一緒にいるだけで
私には十分すぎるくらい。
過去を想い返すだけだった頃から考えれば。

「この関係は決してお互いが一番ではなくて、
いつでも終わる覚悟があって、だからこそ価値がある」
と考えた時期もある。

ずいぶん贅沢な悩みを抱えている。
もう、彼を追い詰めないようにしないと。

この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
驚。
2007/07/20(Fri)
おそらく「遊び」が下手なのです。

たかが遊びなのに、自分の思い通りに行かないと、むくれて話をしなくなります。
「あははー、私下手だわ」って笑い飛ばせばいいのに。
空気を壊すような態度だとわかってて、ほんと自分が情けなくなります。



そんな自分を例によって卑下してました。
返しとしては
表面優しい系→「そんなに落ち込むこと無いよ」
表面おこる系→「ほんと自分勝手だね」
あたりかな、と思ってたんですが
(真意はわからないのであくまで「表面」をつけます)


彼は予想を上回りました。

「真剣になっちゃって、可愛いなぁ」



うそーん
その反応はなかったわ。
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
麻痺?
2007/07/17(Tue)
お客様から
「役に立たないんだなぁ」と言われた瞬間
何も思わずに「もうしわけございません」と、すらっと言えた。

言えてしまった。

一年前なら、そんな言葉をうまく吐けないくらい、落ち込んでたのに。



冷静に対応すれば、そんな台詞を言わせる必要は無かった、と
受話器を置いて、動いてみてから、気付いた。
気付いた時に、初めて落ち込んだ。

無闇に落ち込む必要はないけれど、
一人を不快にさせた事実は事実だし、
反省は必要。
被害が出る前に、前もって自分で学習する必要はある。

今の私は、たぶん、どこか、間違っている。




この記事のURL | せいかつをする。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。