アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 2007年03月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
再開。
2007/03/31(Sat)
終わらせるように「付き合おうか」と言ったことに後悔はなかったものの、
「それは妥協ではない?」「彼が好きだと断言できる?」
という言葉に、反論ができない自分がいた。

楽になりたかっただけだろうか。

予想外のことがあるとすれば、
彼は私が思っているよりずっと心が広い人だった。
私が今までやってきたことを「自由だね」と一言で片付けてしまうくらい。

最初は、慕われている感覚が心地よいだけだった。
万が一でも、彼に本格的に関わろうとするなら、
今持つ関係を全て捨てた方がいいと、わかっていた。

今私が、温かい人に囲まれた、この場にいなくても。
遠い場所で、たった二人しかいなくても。
いつか失うかもしれなくても、彼を想えるか。
そこに答えは出せなかった。
だから、都合のいい距離で、宙ぶらりんな位置でいようとした。


「『付き合おう』と言ったこと、保留にさせてくれませんか」
食事の後、そう言うつもりだった。

でも口をついて出た言葉は
「もうちょっと、一緒にいられる?」それまで4時間、一緒にいたのに。


彼について、もうひとつ予想外のことがある。
想いは、私が予想していたより強く、そして直球だった。
「君が好きだと言うのは変わらない」
「一回振られて、もっと気持ちが固まった」
「(自分はあまり人を信用しないけど)無防備に、何でも話せる人」
「初めて女性として好きになれたかもしれない」
彼の言葉は、気持ちを伝える残り時間の少なさ故にストレートだった。
今、文字にして起こしてみると、まるで直視できないけど、
あのときの私は、心の中でも、笑うことができなかった。
真剣だったからだ。伝える彼も、受け止める私も。

嬉しかった。もう、本当に嬉しかったのだ。
ここまでストレートに愛されて。何度も委ねてしまいそうになった。
慕う、なんて生半可な気持ちじゃないことは、十分に伝わって
「ただ普通に幸せになりたい」
「今の閉塞感にも似た状況から、抜け出したい」
と思っていた部分を、揺さぶられたのだ。


「スタートラインに立たせてよ」



「君を好きになりたい」
「何もなくても想える人であって欲しい」
「付き合ってください」
私から出てくることばは、まるで懇願のようだった。

道内とはいえ、君はここから遠くに行ってしまう。
これから先、戻ってこれるかも、わからない。
タイムリミットぎりぎりで、ちゃんと捕まえてくれたね。

待つよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カテラリー
2007/03/28(Wed)
木のカテラリー

ホー○ックで安く売ってたスプーンとフォーク。
各84円也。

食器は白いものを選ぶようになってる。
している、というより、結果的にそうなってる。

木目のカテラリーを買うのは初めて。
白いものに良く映える。
銀色のものと、雰囲気が変わって、ちょっと楽しい。

いい買い物をしました。
この記事のURL | せいかつをする。 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
トラウマ。
2007/03/22(Thu)
飲み会があって、終電を逃したと言った時、私は残業ですぐ出られなかった。
「大丈夫、歩いて帰ります」2時間以上、とぼとぼ帰路を歩く君。
仕事を終えて、車を走らせて、
君の、かろうじて電池の残っている携帯を何とかキャッチして
ほんの10分かそこらだったけれど、あったまった車で家まで送り届けた。

酔いつつも「家まで送ってくれませんか」と言ったその口で
家に戻る時には「もう甘えたりしない」と言う。

私が恋人でも何でもないから?傷つくのが怖い?
それなら私は何も言えないし、中途半端に優しくするのは止めようと思う。

それとも、他人に甘える自分が嫌い?

「甘えたいなら甘えればいい」と言う言葉を拒絶した人を知ってる。

そして君は「みんなの前ではいつでも明るくしていたい」と言った。
悲しいほどに道化師な人。

君も、「ひとりでいるのが楽」なのかい?
あのときの私の誰かへの気持ちほどには、私は君に傾いちゃいないけど
そんな言葉を吐かれると、少し悲しくなるのだ。
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見守る立場だけではない。
2007/03/17(Sat)
映画。
食事。
買い物。
また食事。
夜景。

そして、帰途につかんとする車を暖めながら、やっと話は始まった。


なぜデートに誘ったのか、という経緯については、もうだいたい白状してしまった。
多くを話すつもりは無かったのに、
いよいよという時にまた誤魔化すから、ちょっと怒りながら。

正直さが常に良い方向に進むとは思わない。
「君は、ほんとにいい子なんだよ」
とだけ繰り返したことは、彼にとって鋭い爪のようではなかっただろうか。
自分ひとりに閉じ込めておけないのは、私の悪い癖だ。

ひどい提案をしようとしたことも言った。
かつて誰かに言ったように、唯一無二の立場に置かない、という提案。
「君にはできない」と言いながら
そういう思考の持ち主だということは、暴露してしまった。


瞬間、
「それでも僕が貴女を好きだというのは変わりませんから」
と言う声が聞こえて、ちょっと驚いた。



「(先輩だから)敬語を使ってはいるけど、とてもオープンに話している」
と言った君を思い出して、
『仲の良い、でも、先輩後輩』という関係から先に進むか、と思った。
「タメ口で話していいよ」

それは彼に対する御褒美のようなものでもあるし
自分自身へのお試し、でもある。
私が彼を好ましいと思うのは、
後輩として慕ってくれるから、だけか?という疑問を解きたい。
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見守る立場でいられない。
2007/03/14(Wed)
欲しいものを手に入れようとして、失敗を怖がらないで
言いたいことを曖昧にせず、きちんと言えるか。
私の視点なら、「言わせられるか」。

それが私にとっての目的である。
「彼から告白して欲しい」なんていう潤いある想いではなくて
そういう行動をとらせておかないと、
彼はこれから先、好きな女の子に対してぶつかっていけないのでは?
という心配だった。

これじゃあ、姉か、母親だ。



もう一度、あの台詞に言及した割には、私がちょっと困っていると
「あまり気にしないでください」と有耶無耶にしようとした。
今まで女の子と付き合ったことも、告白したことも無いらしい。
そういう行動に出てしまうことは理解できるけど、
それじゃあ君は、いつまでたっても好きな女の子と添い遂げられないぞ!



ここまでは、私自身の気持ちは無視しても考慮できること。

さて、と。

言わせることが目的なら、言わせたあとの私も、考慮せねば。




この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
おもう。
2007/03/10(Sat)
※一度書いて、いったん隠したんですが、また出しました(07.03.11深夜)

言い訳や正当化ばかりしていたけど。

何もなくても、誰もいなくても
自分を好ましく思ってくれなくても
ましてや存在さえ知られてなくても

想いたい、と思える人。
強く想うだけで幸せである相手。
私に必要なのはそういう相手であり、想いではないだろうか

と思った瞬間、
自分の行動の端々を、少し、後悔した。


人恋しかったんだね、と言ったその声に安心した自分を恥じた。
寂しさを言い訳にしていると、きっと自分を見失う。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
懺悔。
2007/03/08(Thu)
※酔っ払ってます。

「僕、ryonoさんのこと、好きですよ」
冗談ぽいもの言いが、本気だったのか、どうなのか。
笑って流して、ごまかしてしまって、ごめん。
酒の席とはいえ、君は勇気を使ってくれたんだろうか。


良い子だし、きっと付き合ったら、楽しいし、優しくしてくれるだろうけど。


なんかね、申し訳なくなってきてしまう。
女性と付き合ったこともなければ
告白したこともないというような人と
私のような人間が何かしらの関係を持つ、ということが。

というのも言い訳だろうか。


君を好きかどうかと問われれば、口をつぐんでしまう。
私が君に惹かれているとしたら、都合の良さではないのかい?
だから、言わせるだけ言わせても
私はまともに請合わなかったんじゃないかい?

きっと良いように利用してしまうから。
初めて付き合う女性がそれじゃ可哀想だろう。
君は、もっとまともな誰かを好きになって
まともに恋愛した方がいい。最初なら、なおさら。

私に引っかかってるようじゃ、ね。

今、寒いなか、歩いて帰ってるんだろうな。
悪いことしたね。
もしもう一度、あの時の台詞を持ち出すようなら、
私も何らかの決意が必要だろう。
この記事のURL | 年下の男の子。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひだまり。
2007/03/06(Tue)
今、私に付帯する関係。
私から望んだようでもあるし、望まれてそうしているような気もする。

同じ時間を過ごすことに満足している。
一緒に居ることが、ただ、楽しい。また会えたら、いいな。


ただ、これは、いずれ失う。


「手にいれる」ことが(無意識でも)最終目的だったころ、
相手に依存しつつも、顔色を伺ってびくびくして
結局、相手は離れていった。

大事にしたいものと、好きだと思うもの。
残す関係が選べなくなって、どちらも失うことが怖くて
自分以外の人を気遣えなくなって、何もかもなくしたことがある。


そんな経験を、一度通過したからなのか。



決して手に入れられないとわかっているのに、怖いと思わない。
いつかなくなるものだと思っていて、
恐怖を無理矢理押さえ込んでいるのかもしれない。
「いつか」ではなく、自分の中で、
タイムリミットを決めてしまおうとすら思っている。

先のことばかり考えて、楽しめないわけではない。
目の前の喜びや快楽にかまけるのが怖いわけでもない。

ただ、大事で大事で、いとおしい。
そういう心が残っていた自分に、驚いているし、とても嬉しい。

まるで冷めた動きなのに、熱さもちゃんと感じられる。
分析はできないけど、確信は持てる。


ありがとう。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の装い。
2007/03/03(Sat)
3月になり、4月からの人事が話題になり、暖かくなり
(というかずっとあったかいですが)(仕事柄困るんですが)
春が近づいている気がします。
そのせいでしょうか、可愛らしい装いに心ひかれます。

4丁目プラザの「LOB HOUSE」
ここは可愛いアイテムがお手頃な値段で揃ってるので、
街に出ると、ついつい寄ってしまう。
今日は素敵なワンピースを見つけてしまいました。1,575円(税込)。

0703春ワンピース


写真はピンボケしててわかりづらいですが、全体がレースです。
一部アップしてみました。

0703春ワンピース一部


でも総レースが甘く見えない深い緑色。
体型を隠してくれるシルエット。
ぽっこりおなかに目がいかないよう、胸元についたリボン。

試着したら、ギャグでなく「私、可愛い…!」と思ってしまいました。
(ほんとに可愛いのはワンピースって判ってます石投げないで)
下に合わせるのは黒いタートル、Vネックの薄手のニットなど、
今まで持ってるやつならだいたい合わせられそうです。
夏になって二の腕がマシになってたらこれ一枚でも…!(先は長い)

先日買ったEPICEのストールと合わせると…ちょっとうるさい?
どっちも目立つものだしなぁ。

ストール


ストールの下のコートは、
去年の4月に東京は六本木ヒルズで衝動買いしたものです。
研修の為に東京行って、ホテルにチェックインした後ヒマだったから
春コートでも見てみようと思って行って予定額軽くオーバーした(泣)。
ここから私の買い物好きは始まったんだろうなぁ…(汗

春が楽しみです。
この記事のURL | せいかつをする。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熱さまし。
2007/03/02(Fri)
これは恋というよりただの執着だろう。

冷静にならないと。



勢いで書いた日記は一瞬だけ見せて、隠した。
直接ぶつけないで遠くでさらけ出すなんて。
許して、と言っているのと同じことだ。


ひとりで立っていられないとわかっていても、
それでもひとりで平気でいないと。
突然、大事な味方が味方でなくなっても、
それは自分の責任だと冷静に見つめないと。
この記事のURL | 直感。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
行為。
2007/03/01(Thu)
私達の関係に恋だの愛だのの名前がなくて済んでいた頃
「愛情を持って抱いてください」と言って私は泣いたことがある。
あのひとならそうしてくれると本能で「わかって」いたからだ。

ある時期、私には行為しか必要ないと思っていたけど、
それは全くの勘違いだと、言った瞬間理解した。
行為を求むことと、親愛の情が、私にとって等価だった。
それは恋愛関係と呼べるものでなくても。
むしろ、そうでないからこそ、尊いときもあるだろう。

やさしかった。




この記事のURL | あのひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。