アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 2005年12月
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
無条件ばとん「野生の勘に従う」
2005/12/27(Tue)
これはmixiのイリコ君から頂いたもの。
無条件っていうけど、結構考えてしまった…、だって無条件にときめいたり好きだと思うときって、感覚に従ってるだけだから、後であまり思い出せない。私だけ?もっと思慮深く行動したほうがいいてことか?(たぶんそう)
そしてサブタイトルも何か間違えた気がしてならない。とりあえず行きましょう。

1:無条件でトキメク〇〇な人3人
・好きな人
・顔が綺麗な人
・タートルネックが似合う人

2:無条件で嫌いな〇〇なもの3個
・納豆(関西人は納豆嫌いらしいんですが…統計的にどうなんだろう)
・苦いもの
・まずいもの

食べ物ばっかりやー。

3:無条件でお金をかけられる〇〇を5個
ケチらない、またはケチりたくないな、て程度ですが
・落ち込んだ時の食事(スープカレーが多い気がする)
・音楽(CD買ったりコンサート行ったり。あんまり行かないけど。演劇関係も広げたいなー。)
・本(漫画も小説も。どんどん取り込みたいって最近思う)
・プレゼント、花束(予算を簡単に上回る。というか最初の予算が低すぎるだけですが)
・飲み会(特に友達との)(あれは食事代じゃなくて、場の楽しさに払ってると思うんです)

先日『書を捨てよ、町へ出よう』(寺山修司)という本を読んだのですが、
その中に「一点豪華主義」という言葉がありました。
例えば、4畳半・風呂無しの日当たり悪いアパートに住んでるけど、
車は超豪華なものに乗る、というライフスタイルのことを指していて、
私もこんな風に生きたいと思いました。
自分で線をぴっ、とひいて、
線のこっち側ではひたすら節約、向こう側ではぽーんと払う。かっこいい。

4:無条件で好きな〇〇を3つ
・好きな人(しつこい?)
・友達(もっと大事にしなきゃって思う)
・BUMP OF CHICKEN(基本)

5:無条件でバトンを受け取らせる5人
そんなことできない…!てことでストップ。ごめんなさい。
スポンサーサイト
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
またまた恋愛ばとん。
2005/12/26(Mon)
mixiのアカタ饅さんからバトンをいただきました。正式名称はわかりません。さくっといってみましょう。え?修論の初稿?なんのこと?(とりあえず緒言までは書いた)(進んでない)

Q1.もてたっと思う時期はいつ?
もてたと思ったことはありませんが、
前彼さんと別れてから恋愛運を使い果たした気がしなくもない(気が早い)。

Q2.似てると言われたことのある芸能人は?
酒井美紀に似てると言ってくれた方が過去に2名。
うち1名は「昔の酒井美紀」と主張してました。

Q3.恋人を選ぶポイントは?
顔が好きかどうか(好みのタイプかどうか、ではない)。
あとたぶん笑いのツボが同じ方がいい。「ブラックワイドショー」を楽しめた方なら最高です。

Q4.ここぞという時の香水や服装がありますか?
香水は持ってません。
服装では、赤いチェックのスカートかな。
スカートはおなかの成長具合によっては穿けなくて困ります。

Q5.告白されたことがありますか?あれば何人?
2人。

Q6.わざとデートに遅れて行ったことがありますか?
いえ、普通の寝坊です!(反省してください)

Q7.このバトンを渡す5人は?
うーん…男の子にまわしてみたいなぁ。ここぞって服装あるんかな、と。
でもやっぱり個人的に頼んでみよう(と言いつつ毎回忘れるのだが…)。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恋愛ばとん「恋せよ、乙女!」
2005/12/25(Sun)
メリークリスマス。あきちゃんからいただいた恋愛バトン、やってみましょう。初めてサブタイトルをつけてみました。この言葉が好きなので。

【Q1】初恋はいつですか?
公式発表では小5の時の、塾が一緒だった男の子です。

【Q2】今まで付き合った人数は?
5人。

【Q3】好きな人とデートしたい場所は?
家でごろごろしてたい人です。ていうかデートしたいです(回答になってません)。

【Q4】好きな人と見たい映画は?
見たい映画のテイストが違うなら、一緒に見たってしんどいと思う。
私は「理不尽な怖さが無い(例えば『呪怨』は絶対見たくない)」
という条件さえクリアしてれば大抵の映画は付き合えます。

【Q5】好きな人にいわれて一番うれしかった言葉は?
「いや、あの時は本当に『もう少し話がしたい』と思ったんです」
言われたときは状況が状況だったので素直に喜べませんでしたが。
 
【Q6】こんな人は絶対無理って人は?
清潔感のレベルが違うと辛そう。そんな簡単に修正できないから。

【Q7】好きな人はいますか?その人の好きなところは?
やっぱり私は彼の顔が好きだと、先日確認しました。

【Q8】浮気は許せますか?どこまで許せますか?
結婚バトンでも書きましたが、
結局私に対してどういうベクトルを持っているのかが問題です。
ということで、
「ばれない」「病気をもらってこない」「子供できちゃわない」
あたりが許せるライン。大人のマナーです(たぶん違います)。

【Q9】同棲してみたい?
自分の部屋がちゃんとあり、家賃は折半、という条件なら明日からでも!(誰と?)

【Q10】あなたが愛を感じる行為は?
「しんどいけど、簡単に愚痴言えなくて少しは我慢したけど、
でもやっぱり辛いから」と夜中の2時に電話くれたりしたら嬉しいと思います。
気遣いを見せつつ、やっぱり頼っちゃう、てところに愛を感じるのかもしれません。

【Q11】愛と恋の違いは?
恋は生まれるものだけど、愛は気づけばそこにあるもの。
後半はミスチルの歌(『名もなき詩』)から拝借。あの歌詞が大好きです。

【Q12】一番長く続いた恋愛は?
4年と3ヶ月。

【Q13】お付き合いしたい有名な芸能人は?
いのっち(V6)。人を大事にしそうな雰囲気があります。
あと芸術面で刺激を受けそうなので、森山未來。

【Q14】究極の選択!一生人を愛せなくなる or 人に愛されなくなる
人に愛されれば、愛する感覚は取り戻せると思うので、人を愛せなくなる方で。
ええ、おいしいものは全部いただきたい人です。
こんな究極の選択なんてしません!(断言)(ていうか質問が台無し)

【Q15】このBATONを廻す5人は?
なんとなく回し辛いので、また個人的に頼む方向で。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
じこぶんせきばとん。
2005/12/24(Sat)
こちらのバトンはmixiのけいてんさんから届きました。大学院からの同期です。

1.回してくれた人の印象をどうぞ。
みんなのお兄さん的存在。酒好き。山好き。語り好き。

2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか? 5つ述べてください。
・よく喋る。
・行動的、らしい。
・授業はよく寝る(どこが行動的)。
・思考の視野が狭いと思われてそう。
・最近文才あると言われることが増えました。てへ。

3.自分の好きなタイプについて5つ述べてください。
・周りの状況が(ほぼ)全部見えている(理解できている)人
・でも、それを悟らせない人
(このへんは日記に書いてますね)
・適切に言葉が使える人。
・世の中にはやる気のない人種がいることを分かっている人
・身だしなみがきちんとしてる人
 それに加えて、おしゃれに手を抜いてなければ尚かっこいい。

4.では反対に嫌いなタイプは?
・自分の話(自分に関する話、ではない)で完結してしまってる人。
(キャッチボールできない話する人って、いませんか?)
・熱いのはいいけど、それを相手に押し付ける人
・世の中にはやる気のない人種がいることを、頭でしか分かってない人
(ある程度話せば、感覚で分かってるか、そうでないかは分かると思う)
・メールで一行に3つも同じ顔文字をつける人(ものすごい経験談)
・最低限の身だしなみができてない人

ひとつくらい当てはまってても、大丈夫な場合はあるけど。
自分にも当てはまる部分・時があるので、反省。

5.自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
3.で答えた人。

6.自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。
ありがとうー!これからもよろしくお願いします!

7.そんな大好きな人にバトンタッチ5名!(※印象付き※)
水のしたたる白い花のように精一杯生きています、あきちゃん。
論理的思考が素敵、そして恋にどぎまぎする姿が可愛い、みゅ~さん。
頑張って、悩んじゃって、そんな姿が女の子らしい、reikoさん。
芝居大好き、それに正直な姿勢が羨ましいです、キラランさん。
熱く語る姿にびっくり、あなたに認められたら自信出ます、Kengさん。

皆忙しいし、遠慮なくスルーしてくださってもかまいません、が、よろしく。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はってんとじょう。
2005/12/22(Thu)
今日会った友人とは大学入学時からの付き合い、つまりもう6年ほどたつのだけど、1対1でお食事するのは、実は初めて?

「前に(3月くらい)会って話をした時は、殻を作ってしまってて、声が届かない、って思った」

そう思っていた彼が、偶然私のブログを読み始めて、偶然私の姿(瞳)を見て、会いたい、と言ってくれた。
どうやって、殻を取り除けたの?と。

彼の聞く姿勢は、自分と同じような路を歩んできたのかしら、と確かめているようだった。自分で苦しんで、自分で這い上がってきた、そして今も努力している人ゆえの目線。
文章能力は褒めてもらったけど、やっぱり私は話下手だと思う。思っていることをたくさんの言葉で説明してしまって、どんどん遠ざかってしまってた気がする。でも、ちゃんと聞いてくれたし、何気なく言った言葉を逃さなかった。
「今言ったこと、本当に今でも思ってる?」と聞かれると、どきっとしてしまう。うわ、正確な言葉で言わなくちゃ、適当は駄目、と姿勢を正す。むかし、あのひとと話をしていた時を思い出した。

話をして、彼の意見を聞く。私の今思うことは、それとは違うけど、でも貴方の言っていることを、理解はできる、と伝える。それを繰り返す。
昔は彼の言葉を鵜呑みにしていたかもしれない。彼は「自分」を持ってる、強い人に見えて、私は引け目を感じていたから。鵜呑みは、聞いていないことと紙一重。
「貴方の言っていることはわかる。でも、私はこうだ」と開き直ることも、結局は思考の放置。

そのどちらでもない態度を、取れたと思う。

自分の歩いていた方向が、実はちょっと違うんじゃないか、と思い、向きを変えて歩いている、という作業を、私も彼も行っている、ということがわかった。でも、私の今歩いている方向と、彼の方向は、ある意味、真逆だ。路そのものは、重なる部分があるのだけど。

「あのとき襲ってきた『波』が、(社会人になってから)もう一度来たら、どうする?」
そんな言葉に、少し戸惑う。「もうそんなことはない」と思っていた自分に気づかされたから。

今の私は、自分の良さを、『良い』と見直している時期。でもそれは、多くの開き直りを含んでいる。自分の良くないであろう部分も『仕方ない』で済ましている部分も、あるかもしれない。例えば、自分にとって譲れないもの、「核」が、まだできてない、今は無いってこと。

社会に出て、責任と義務を背負って、簡単に友人に助けてもらえない時に、その開き直りを揺さぶられたら、私は、ちゃんと立って歩けるかな?なんとなく、大丈夫だと思っているけど、でもなんとなく不安。
そういう時期が、たぶん来るよ、と気づかせてくれた彼に、感謝。

そして、もうひとつ、大事なことを教えてもらった。
自分にとって必要だった、必要である、ということと、それが正しいってことは、違うよ。
自分のことや経験を、うっかり全部正当化してしまいだった自分に、これは意外と効いた。そう、必要だったけど、正しかったかどうかは吟味できるように。そして、正しくなくても、自分には必要だった、と思えることも、大事。

離れ離れになる前に、こんな時間を過ごせたことは、とても幸せなこと。また、お話したいです。
しかししかし、今ここに書いたこと、ちゃんと合ってるかなぁ?当然、思ったこと全部は書けてないのだけど、見当違いなこと、書いてないかな。ごまかしのきかない人だから、ちょっと怖い。
もし、違ってたら、たしなめてくださいね。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おなじばしょにいる。
2005/12/21(Wed)
あのひとの話をしよう。
7月5日とか、7月21日とか、7月23日その他もろもろの日記に出てくる、「あのひと」。
好きな人と、告白から始まるすったもんだがあり、そこから一つの疑問を持った。あのひとにしかぶつけられないものだったから、連絡をとり、会うことになった。最後に言葉を交わしてから3ヶ月以上。
疑問については、おそらく、簡単に解けた。私が勘違いをしていただけだったから。
その話から離れ、私がこの数ヶ月で体験し、感じ、考えたことを話していると、あのひとは言った。

「別れてからも何回か会ってるけど、今が一番いい」
「好きだった頃の気持ちを思い出した」、と。
自分を好きになることだよ、と言った、同じ声で。
それがとても嬉しかった。認められたから、というよりは、自分の感じていたものを、再確認してくれたから。もう大丈夫、と。

「君が成長する事を望んでいたけど、その時の相手が俺じゃないことは、なんだか悲しい」
あのひとはそういって帰っていった。ここで問題なのは、言葉の内容より、
彼が「悲しい」と言った事実。

その日を境にして、あのひとは「弱さ」を見せるようになった。
私にとってのあのひとは、頭が良く、冷静で、自分の考えを一番正しい言葉に置き換えられる人。私は、あの人の前では、常に気を張っていた。こういうことがあって、こう考えました、合ってる?と、会話はいつも「答え合わせ」のようだった。私は、自分が「認められる」ことだけを考えていた。彼はいつも平然としていて、それが気にくわなかったけど、でもそれに安心していた気もする。
でも事実は違って、あのひとは弱かった。周りとうまく境界線がひけない、妥協が出来ない人。自分の感覚と、周りの感覚が合わないことに失望してしまう人。そのくせその失望をめったに表に出さない人。
私とあのひとは、ある点で似た感覚を持っているせいか、その「失望」を私に表すようになった。

今まで「完璧」だと思っていた人が、同じ場所に降りてきたら、きっと色あせて見えてしまう。
と友人は言ったけど、私はそうでなかった。
5年前とまるで違う姿でも、私の中では繋がっていて、とても冷静に受け入れていた。
5年前、同じように弱さを見せられたら、私は「弱さを見せてくれている」ことに、ひそかな嬉しさを見出していたかもしれない。たぶん、彼自身を見ることはできなかった。自分のことに精一杯だったから。

出会って6年目にして、私は初めて、あのひとの前で泣いた。
好きな人に恋愛感情を否定され、どうがんばっても彼は私を好きではない、というあからさまな事実を目の当たりにして、自分の愛情が届かないことを初めて体験して、それがどんなに自分にとってショッキングなことか、私は知らなかった。今まで自分は愛情が浅い人間だと思っていたから。

あのひとに話をして、ちょっとしたタイミングで、私は泣きじゃくっていた。
「彼が好きなんです。」
「はじめて感情を伴って、話をしてくれたね」
弱さを見せなかったのは、私も同じだったのだ。

今は彼の話が見えるし、ちゃんと受け止められるし、「辛かったね」と頭を撫でることもできる。
彼が私を信頼していることがわかる。私も彼を信頼している。雲の上の人、ではなく、同じ場所にたつ者として。

うまく説明できてないと思う。とにかく、どうやら、恋愛とか別れとか、会ったり会わなかったりした時を経て、私達は、今非常に良好な関係であるようだ。
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いろのないせかいに、ようこそ。「杉本博司:時間の終わり」
2005/12/20(Tue)
東京で内定先の事前研修を受けました。最終日は午前中で終わってしまい、内定者達とお昼ご飯を食べた後、ひとりで興味のあった写真展へ。

杉本博司「時間の終わり」森美術館

「原始人と同じように海を見れたら」という思いつきに魅せられ、本人のことも写真のこともわからないまま六本木ヒルズへ。展望台の上にあるとは知りませんでした。

まずは「数学的形体」シリーズがお出迎え。
ディニ曲面?定曲率?擬球をねじる?サインコサインの数式がカードに並んでいるけど、さっぱり。
数学が美しいというのは、なんとなくわかる。綺麗な数式。でも、それはなんとなく冷たい美しさ、だった。温度のないもの。

薄暗い光の中、黒いバックに浮かぶ「形体」は、立体的な影があって、あたたかそう。こんな風に影をもって現れる数学は初めて見た。

次は人形などの模型を撮影した「ジオラマ」シリーズ。
博物館などで見る、原始人や、シロクマの模型を、その背景と一緒に撮ってしまう。色がない(モノクロで撮影)ことで、模型が余計、息づいて見える。

そして、今回の目玉、「海景」シリーズ。
世界中の海を、水平線を撮り続け、真っ暗な部屋に並べる。部屋はスクリーンの光だけで、耳鳴りのような高音が空気を突き抜ける。
原始人は海を(私達のように)海として見ていなかったのでは、一体どんな風に見ていたのか…と杉本さんは思ったらしい。壁にならぶ「海」は、あるものはぼやけ、あるものは暗く、あるものは遠くに光、と表情は様々でも、無限を思わせる広がりはどれも変わらない。最初に海と言われなかったら、これは何かわからなかったかもしれない。

見ていると、すいこまれる。音が、脳を錯乱させ、何も考えられなくなる。
まっくらななかに、わたしと、ひろがりだけ。
いつまでもいるのは怖くなって、次の部屋に向かった。

仏様がずらずらすらっと並ぶ、横長の写真に圧倒される。800体?もっと?数は忘れてしまった。ひとつひとつがきちんと形をもって迫ってくることの、怖さ。彼は800体を撮ったのではなく、ひとつひとつを撮った、と思う。
建築物を、無限大の2倍の焦点距離で撮った「建築」シリーズ。多くの建築物が、その焦点距離の前に形を失い、消えたという。それをくぐりぬけた者だけが、白い壁に並ぶ。ぼんやりしていても、存在感のある形。

全ての写真に、色が無かった。もちろん、白と黒はあるのだけど。
色が無い、ということは、それだけ余計な情報がなくなる。でも、だから想像力を働かせて、と感じられるような写真ではなかった。
色がない分、光と影がむきだしでせまってくる。私も衝撃を和らげるものなど持てない。ここには色がないから。

むきだしのものに、むきだしでふれる。やわらかいひかりなら、あたたかい(例えば数学的形体)。でも、海の広がりに対抗する術は無い。ちょっと痛い。ストーリーの無い映画館の光は、映画館そのものを浮かび上がらせる(「劇場」シリーズ)。映画はスクリーンだけじゃないと思い知らされる。逃げられない。

今いる世界は、付随するものが多すぎる。それを取り除く瞬間を、彼の写真は提供しているのかもしれない。
写真集、買いたかったけど、6000円は辛かったです…ポストカードを何点かお買い上げ。

とても不思議な時間でした。
この記事のURL | あーとにふれる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おともだちばとん。
2005/12/19(Mon)
今日はmixiのけいてんさんからバトンをたくさんもらいました。2つには答える予定。まずはお友達について語るバトンから。

①友達と知り合いの違いは?
自分の中の、大事なものを部分的にでも見せることができたり、
相手のそんなところを見れたと思ったら、友達。そう思えなければ知り合い。

②友達と遊びに行くお決まりパターンは?
お食事したりお茶したりながら、おしゃべり。
まめに会わないので、会う時間はとても貴重。

③大切な友達はいますか?またそれはどんな人ですか?
そりゃもう、彼らがいなければ私は今ごろ…、て思える人がたくさん。
どんな人って…ひとくくりにできないけど列挙すると、
「頭がいいなぁ」
「深く考えるなぁ」
「冷静だなぁ」
「言葉の使い方うまいなぁ」
「自分の趣味に徹底的だなぁ」
と思っています。私も精進せねば。

④その友人との出会いは?
中・高・大問わず、サークルやクラスでの出会いがほとんどですね。

⑤その友達の為、あなたは何ができますか?
受信と送信。
受信は、相手が話をしに来たら、じっと聞くこと。
送信は、自分の近況(生きていること)を伝えること。
送信にはずっと無頓着だったので、最近気をつけてます。ブログはその一環。

⑥友達のありがたみを感じた瞬間は?
私の行動が、彼女の軸に影響を与えていたと知った時。
「時々だけど、確実に話を聞いて欲しいときがある」と言われた時。
すごく時間がたってから連絡しても、変わらず接してくれた時。

⑦恋人と一番の親友、選ぶならどっち?
そもそも友人たちの中で一番が選べない。
一番の親友といえるのは恋人かもしれない。ということで恋人。
いやむしろ「みんな一番」てことで友達(全員)てどうだろう(どうだろうって)。

⑧友達に恋人を取られたら?
頭で理解できても感情が追いつかないので、時間がたつのを待つと思います。

⑨今後出会うとしたらどんな友達が欲しい?
③で答えたことを感じられる人。あと世界を広げてくれそうな人(趣味や知識の点で)。

⑩次にこのバトンをまわす5人は?
友達観が聞きたいです、みゅ~さんとreikoさん。
語ってください、あきちゃん。
深い答えになる予感、crestさん。
⑦あたりで悩んでみて、さやちゃん。

例によって、答えてたらor答えたくなかったら、ごめんなさい。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
せいじつでありたい、が。
2005/12/18(Sun)
好きと思うこと、それは悪いことではない。たとえそれが、たったひとつ、より多くても。
ベクトルの質が違うときがあるから。
大事なのは、ベクトルが存在するかどうか。それが強くて確かなものか。
そこまでは、最初に考える。

でも、そのベクトルに、誠実であるかどうか。ここまで、いつも考えが至らない。
相手のベクトルがなくても。あれば、なおさら。自分自身に誠実さが求められる。

ベクトルの色に忠実でいられるか。例えばそれは、相手に思うことを伝えない、相手に会わない。
それが誠実さにつながることもある。

誠実かどうかは、結局は、自分が自分に対してどう振舞うか。
目先のことにとらわれて、自分を見失うと、結局相手も見失う。
自分の痛みに気づかないで、もっと傷口を広げてしまう。

思い過ごしかもしれない。なくさないで済むなら、なくしたくない。
でも、その妥協を知られてがっかりされるのは、もっと辛い。
こんな混乱に比べたら、好きな人にメールができないくらい、なんてことない、と思う時もある。
この記事のURL | おもうこと、れんあいへん。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
だいじょうぶだよ、といいつづける。
2005/12/14(Wed)
ブログを書くきっかけになった、人生の恩人と言える女性のことについて。

彼女は今、人生の正念場を迎えている。(今から書くことは、当然ながら全部、私見です)
彼女の根底を揺さぶるような大きな別れがあり、それに対応できるまでに、時間よりも、いろんな「感情」や「思考」を費やしたと思う。
深く考えられる人だから、なんでこうなったのか、これからどうしたらいいか、ぐるぐる。考えるのをやめる、にも「思考」が伴うのだから、苦労は相当だったろう。
でも、たぶん、それはもう大丈夫。彼女は自分の過ちを適切に見れるようになったし、相手にも過ちがあると思えるようになった。
そして、新しい自分に生まれ変わろうとしている。たくさんかがんで、大きくジャンプ。
でも、ジャンプするにも、体力が要る。

ジャンプしようとした彼女は、元気にならなきゃ、という意識にとらわれて、大きく地面を蹴りすぎて、そしてたぶん衝撃が強すぎて、戸惑っている。まじめで、がんばりやさんだから。
彼女に起こった一連の出来事はあまりに大きくて、彼女が思っている以上に、体力や精神力を奪っていった。それは必要なものだったから、しょうがない。
今は、時間をおいて、エネルギーが満ちるのを待った方が、いいと思うよ。

中学からの付き合いだが、正直、つい最近まで、こんなに大事な人になるとは思わなかった。
仲は良かったと思う。高校にあがってからは、委員やら何やらでたくさん話もした。でも、他に大切なものがあって、それを越えることはなかった。ましてや私は、友達付き合いはまめではない。高校時代のことを、実ははっきりと思い出せない。
でも彼女は、ちゃんと私を見ていた。何かが欲しくて、でもどう求めていいかわからなくて、手当たり次第に動き、でもこなせなくて自己嫌悪に陥っていた私を。

「自分の軸を形成する上でとても大きな影響を与えてくれた人」

就職活動の時期、自分の意思で動くことが無価値だと思っていた時に、この言葉がどれだけ大きな力を持っていたか。人生は何が起こるかわからない。

私はその後も大きな出来事に出会い、おそらく多くの人に助けられて、鍵をもらって、でも自分の力で扉を開けた。いろんなものがクリアに見えてきた。自分にもいい所があり、それがどこから来るのか、そして友人達がそれを必要としていることも、少しだけ見えた。何が一番大事かはわからないけど、少なくとも大切でないものを切り捨てられるようになった。

彼女は私を助けてくれた。私にできることは、何だろう?

私よりも彼女のことを知っている人はたくさんいる。彼女の近くで手を差し伸べられる人も、長い時間を共有したからこそ、理解できる相手も。
私はせいぜい、半年かそこらで急接近したに過ぎない。やきもきしても、彼らにはかなわない。
何より、自分が関わることが重要ではない。彼女がちゃんと地面を蹴れるなら、それが一番。

私はここから、伝え続けよう。
大丈夫、無理して変わらなくていい。
がんばりすぎてしまうのも、まじめに考えてしまうのも、ぜんぶあなただ。だからだいじょうぶ。

なにがあってもだいじょうぶ。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そのままでいこう。「札幌市民オーケストラ:アトリエコンサート」
2005/12/12(Mon)
朝から吹雪いていたので心配でしたが、昼には止み、北広島市芸術文化ホール(花ホール)へ。
今日は友人が所属しているオケのコンサートです。
プログラムはハイドンの交響曲第61番、アレック・ワイルダーの組曲第1番「エフィ」(管楽六重奏)、ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」。

ドヴォルザークについてだけ、軽く感想を。
「綺麗にまとめようとしてないのかな」という印象でした。「音出したい人は、どうぞー」と言いたげな。どうしても音量を抑えないといけない部分は指揮者さんが抑えるけど、あとは(特に音質について)自由に、という雰囲気でした。
でも、そこが何だか良かったです。

ドヴォルザークはニューヨークという大都会になじめず、アメリカ先住民の音楽や民謡に心を動かされていくらしい(付け焼刃の知識)。彼は洗練されていないものに心魅かれたのでしょうか。うまく言えません。

「そのままのエネルギーをぶつけよう」と言いたげな演奏でした。
力まず、抑えず、そのままの音を。たぶん、とても大切なこと。
ドヴォルザークを聴きたくなりました。単純です。あと、ちょっと吹きたくなりました。これも単純。

あと、初めて行ったんですが、花ホール、良かったです!
Kitaraの小ホールくらいの規模だと思うんですが、装飾が華やかで、ホールの2階席の前に花壇がずらーっと並んでて、1階席から見上げると緑が目に入ってくる。なんだか新鮮でした。
この記事のURL | おんがくをきく。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
むねきゅんばとん?
2005/12/11(Sun)
mixiのニモさまから届きまして「何それ、むずいわー」と避けていた「胸キュンバトン」です。

Q1.胸キュンするポイント
とりあえずざっとあげてみよう。
・突然、真面目な眼差しで見つめられる。
・脈絡なく、手を握られる。
・私の好きなものを覚えている。
・いきなり抱きしめられる。
・風邪のとき、家にいてくれる。本読んだりしつつも気にかけてくれる。

意外性と自分への興味が重要らしい。

Q2.憧れの胸キュンシチュエーションは?
それまで何のそぶりもなかったのに、
「これ好きだったでしょ」っていきなりプレゼントくれたら
きゅうん、てなる気がする。
中身はこの際気にしない。たとえ好みとは違っても!(…自信ないけど)

Q3.胸キュンしちゃう言葉は?
意外であることが重要だと思うので、思いつけません。
でも、好きな人が真面目に何か言ってくれれば何でも胸キュンではないかと。

Q4.聴くと胸キュンしちゃう曲は?
the pillows「ストレンジカメレオン」、Salyu「風に乗る船」、山崎まさよし「セロリ」

Q5.胸キュンする有名人5人
藤原基央(BUMP OF CHICKEN)
直井由文(チャマ)(BUMP OF CHICKENのベース)
山中さわお(the pillows)
藤原達也(CM出てこようもんならとりあえず見入る)
速水もこみち(何はなくともかっこいいと思います)

Q6.今まで生きてきて一番の胸キュンは?
生きてきて一番、は覚えてない(ひどい)ので、最近の胸キュンでも。

先月好きな人とごはんを食べに行ったのですが
最初の方で帆立の刺身を注文してて(私は何も言ってない)
「ほたて好きだって前言ってたんで頼んだんですけど。どうぞ食べてください」
って言われたので胸キュンでした。帆立につられたんじゃないよ決して。

Q7.「胸キュン」に呼び名をつけるとしたら?
いや、もう胸キュンて名前ついてますやん、と突っ込みたい。
しいて言うなら、「恋」ですな。

Q8.胸キュンしたときに心でする音は?
「きゅ」(ひらがながポイント)、もしくは「しゅわ~」(嬉しさが広がっている感じ)

これはさくっと回してしまおう。答えてない、と思われる方をあげましたが、もう答えちゃってたら、(覚えてなくて)ごめんなさい。

思う存分語ってください、みゅ~さん。
照れつつも語ってください、reiko-ueさん。
意味不明かもしれませんがよろしく、あきちゃん。
可愛らしい回答を期待します、さやちゃん。
結婚しても胸キュン大事ですよね、ゆかりさん。

例によって、答えられたら答えてください。お願いします。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
くらしっくがききたい、とおもうなんて。
2005/12/10(Sat)
ええと、一応オーケストラやってた人間が言うのも何なんですが…クラシック、あまり聴きません。
(オケの)現役のころは、音楽そのものを聴きませんでした。(こっちのが問題かも)
練習の為に、とか、周りの人が聴いているから聴いている、という姿勢で、たぶん無意識にその姿勢を嫌っていました。そこで他のジャンルは聴くっていう方向ならいいのに、なぜか音楽全体をシャットアウトする、という態度をとっていました。ま、オケの頃の話はいいとして。

普段聴くのはもっぱら日本人の音楽。BUMP OF CHICKEN、the pillows、鬼束ちひろ、Salyu、柴田淳、などなど。他にも山崎まさよし、ポルノグラフティ、云々。インストゥルメントならPE'Zも好き。

しかし最近、クラシックを聴きたい、という衝動が!

きっかけはCMです。西本智美さんが指揮するコンサートの宣伝でした。幻想交響曲の第4楽章「断頭台への行進」。管楽器がちゃんちゃかやってる部分(わかりません)。
あれを聴いたとき、ああ、そこ好きだったなぁ、と思い出して、それからずっと、その部分が聴きたくて聴きたくてしょうがない状態でした。
運良く、パソコン(学校に置きっぱなしの方)には「いつ誰から借りて入れたのかわからないクラシック曲」がたくさんあり、幻想も2つ入っていたので、学校でよくそれを聴いています。

その時一緒に聴くのは「ベートーベンの第5番の第3~4楽章」、「レオノーレ第3番」、「サンサーンスの第3番の第3~4楽章」あたり。一応吹奏楽の人間だったし、ホルンやっていたので、管楽器が活躍するのが好きなのかな?でも金管どんちゃん系(どんなんや)はたまに疲れる。
私の場合、コンスタントに好きなのはバッハ、な気がします。これがはっきりしたのはここ1~2年ですが。ブランデンブルグ協奏曲や、2つのヴァイオリンの為の協奏曲、とか。バッハじゃなくても、弦楽や、チェンバロが好きです。

そして最近わかったこと、一番好きなのはパッヘルベルのカノン。
B00005FG90.09._SCMZZZZZZZ_.jpg

「パッヘルベルのカノン/オン・パレード」

カノンを色んな編成で演奏しているCD。ずっと人に貸していて、最近返ってきて、朝からずっとニヤニヤして聴いてました。ただの変な人です。

クラシックはだいたいBGMとして聴いています。だから「このCDの第×楽章が~~で、○○の部分がちょっとほにゃららだったよね」と言われても「え?そうなの?」と返します。こんな態度だからホルンがうまくならなかったんでしょうか(それ以前の問題な気もするが)。
そういう聴き方でもいいよなぁ、とやっと思えるようになった気がします。バッハを聴いて、チェンバロを聴いて、幻想を聴いて、良いと思った。それでいいんじゃなかったっけ。

なんだかずいぶん遠回りしてました。
この記事のURL | おんがくをきく。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2005/12/10(Sat)
今日はゆかりさんからいただいていた「かばんの中身バトン」です。

学生のかばんの中身見てもなぁ…ま、いいか。まずはかばんの紹介から(本当はいらない)。

20060426011546.jpg

冬はいつもこれで学校に行きます。4~5年前の誕生日に姉に買ってもらったものです。5000円~6000円だったかな?いつも1000円の鞄しか買わない私にしては高いほう(自分で買ってないけど)。丈夫で、毎年活躍してくれます。チェックがお気に入り。

で、肝心の中身ですが…

20060426011608.jpg

「財布は良いものを使いたい!」と思い立ち、2年前に購入したバーバリー。ブランドに疎いけど、バーバリーは好きです(買えませんが)。カードを多く入れたいのと、膨らむのが嫌なので、長いタイプのものを買いました。とても気に入っています。

ポーチ(左上)はコンタクト屋さんでもらったものだけど、いい大きさと形で使い勝手が良く、重宝してます。中身はファンデーションケース・口紅・リップクリーム・グロス・ヘアワックス・あぶら取り紙…くらいかな。必要に応じてアイメイク用のパレットも入れる。

右上はオルビスのお試しセットについていたもの。目薬・コンタクトケース・頭痛薬・絆創膏など、化粧品以外のこまごましたものはここへ。場合によっては左のポーチにつっこんでます。

20060426011624.jpg

手帳は今月から『ほぼ日手帳』を使うことにしました。社会人になる(予定)ことだし、と思い購入。他の手帳よりちょっと高いけど、中身が充実してていいですよ!透明カバーをかけて、バンプの「supernova」のステッカーを挟んでます。

ペンケースは就活用のかばんにセットでついてたもの。黒くてシンプルなので、キーホルダーを付けるなどアレンジできるのが良い。今はウッドストックとキーホルダー型の時計をつけています。普段腕時計を持たないので、いざ(携帯が使えない)というとき使えます。

20060426011640.jpg

ウォークマンはmp3ファイルも聴けるという理由で買いましたが、結局普通のCDばかりかけてるかも…下にあるのは、もともとパソコンのマウスなどを入れるために購入した、低反発系(何それ)ですが、最近はウォークマン入れとして活躍中。

あとは眼鏡ケースと文庫本。必要に応じて学校関係のファイルも。学生の割に学校関係のものは持ち歩かないですね。ゼミ前くらいかな。

で、今まであげたもの(財布とウォークマン除く)を、

20060426011716.jpg

こんな風に、上できゅっと締めれるタイプのバッグに入れて…

20060426011651.jpg

かばんにすぽんと入れる。このかばんを使い始めたときから、こんな入れ方をしています。小物が多くてごちゃごちゃするから、ファスナーが無いので雨や雪の日に中身を濡らしたくない、雪の日に転んで荷物がばらばらに飛んでいったら困る、という理由です。

で、あとは学校に持ってく新聞入れたり、たまに買う雑誌を入れたり、ハンカチとティッシュ、携帯…くらいですかね。

20060426011705.jpg

ちなみに冬以外は基本的にこれ。1000円の割に丈夫で長持ち、デザインも悪くないので大好き。「1000円やねん!」と自慢します。大阪人の悲しい性です。

ちなみにバイトに行くだけ、とか、お出かけの時は財布・ポーチ・手帳・ウォークマンあたりを出して
20060426011725.jpg

こちらのリュックに入れます。片側の肩にかけるタイプですが、かばん自体の形が四角、という所が気に入って(多くは三角形ですよね?)購入。メンズらしくて、サイズがちょっと大きい(肩にかけたらベルトがあまってかばんが下に落ちていく)ですが、よく使います。

こんなところかな…色々写真を撮ったので、疲れちゃった。しかもたぶんあまり面白くない…。

で、バトンをまわす相手だけど…プライベート色が強いので、また個人的に頼む方向で。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
えいがをみよう(と私が勝手に思っている)。
2005/12/08(Thu)
映画を見るようにする。なかなか実行に移せないでいるけど、意識していることです。
連続ドラマは苦手。なぜなら、毎日同じ時間に家に帰らないといけない、というのが苦痛だから。ビデオを録っても「わざわざ」見直すことは、過去に少ない。(今の家にはビデオがない。あったけど、そういう理由で使わなかったからあげちゃった。)
映画なら、2時間じっとしていれば、ドラマが進んでくれる。私は勝手に引き込まれる。

今まで映画は、目的より、誰かと出かけるための手段に近かった。見たいなと思っても、わざわざ見に行くことが面倒で、見なかったものが過去にたくさん。

テレビでは、そんな「見たかったけど見れなかったもの」が気軽に(無料で!)見れる。
夏ぐらいからか、テレビ欄の映画のところをチェックするようになりました(よく見逃しますが…)。

札幌には、『蠍座』という映画館があって、館主さんが実際に見て、良いと思ったものを安く見ることができます。そこの情報もよくチェックします。初めて一人で見に行ったときは、どきどきした。

時々本をまとめ買いしたり、展覧会情報をやたらチェックしたり、こんな風に映画を見たり。
自分でも理由はわからなかった。
見たいな、読みたいな、と思うものは昔からあって、でも、自分一人では動けなかった。今まで。

今は、「触れたい」と思うものはできるだけ吸収したい、と思っている。

私のよさが「感覚」から来るなら、研ぎ澄ましたい。
そのための材料を集めている。
だから、私は動いているらしい。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さけばとん。
2005/12/07(Wed)
今日はあきちゃんから頂いた酒バトン、いきまーす。

Q1、酔うと基本的にどうなりますか。
もともと笑い上戸なのが激しくなるか、より怒りっぽくなるか。
割合としては19:1くらい?だいたいニコニコしてる、はず。

Q2、酔っ払った時の最悪の失敗談はなんですか。
嫌いな人(当時は嫌いという自覚がなかった)と店で飲んで
そばにあったクッションを本気で投げつけたことがあります。
お客が少なかったせいもあってか台詞(覚えてない)が店に響き、
気まずい空気があったような無かったような。

Q3、その時はどの位飲みましたか?
チューハイを3杯か4杯です。たぶん。

Q4、最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?
「これが二日酔いかぁ」っていう経験がないので、なんともいえません。
卒業式の次の日に早朝バイトを遅刻したことはあります。
(初出勤だった)
(ていうかそんな日にシフトいれんな私)

Q5、酔っ払って迷惑を掛けた人にこの場で謝りましょう
嫌いな人だから謝らない(ひどい)

Q6、今冷蔵庫に入っているお酒の量は?
そもそも家で一人で飲むようになったのが最近のことです。
一回買ってきても次にいつ飲むかわからないので、あまりストックしませんでした。
一時期、棚の中にアーリータイムズがあったけど、消費しちゃったな。
最近、梅酒はストックしてもいいかなって思ってます。この季節ならお湯割りが美味しそうだ。

Q7、好きな銘柄は?
「柚子小町」は美味しいと思ったけど、あれって銘柄?(そんな根本的な)

Q8、最近最後に飲んだお店は
札幌駅の丸海屋。すもも酒が良かった。

Q9、良く飲む、思い入れのあるお酒5品
よく飲まないのもありますが、とりあえず。

①梅酒ロック
ビールが苦手なので、飲み会の最初からこれを頼みます。飲兵衛と言われます。そう?
ソーダ割はすぐおなかいっぱいになって損した気になるので、必ずロックです。      
②ギネスビール
上でビールは苦手と書きましたが、これならいける気がします。
③ウィスキーのハーフロック
最初はまるでダメだったのに、がんがん飲める時期がありました。何だったんだ。
④博多パンチ
ホルンパートの飲み会では必ずこれがありました。
サイダーと、100%の柑橘系ジュースと…ごめん、肝心の酒は何を混ぜるか忘れました(意味なし)。
⑤テキーラサンライズ
名前だけ印象に残ってます。飲んだのかどうかも覚えてない(こら)。

Q10.バトンのジョッキを回す人5人
もう答えてる可能性もあるけど…
酒といえばこの人、こんちさん。
もう一人この人、reiko-ueさん。
お酒は好きですか?オレンジさん。
きっと楽しく答えてくれる、s-coさん。
いつも回しちゃってごめんよ、みゅ~さん。

mixiの方にも何人か回すかも。気が向いたらでいいので、答えてくださいな。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なにはともあれ。/柴田淳さん。
2005/12/06(Tue)
中間発表が終わりました。いろんな意味でね。

ああ、髪も切りたいしCD買いたいしバトンで答えた白い傘も買っちゃおうかしら。
と、我慢していた物欲が頭からはみ出てきています。
というかCD買いました(早)。
sibajun1.jpg

「ため息」
柴田淳さんは、最近はまっている歌手さんです。

きっかけはこのベスト盤(借りた)↓
sibajun2.jpg

「Single Collection」

本当はこれを買いたかったのですが、特に好きな「片想い」、「月光浴」、「隣の部屋」が『ため息』にもあったので、聴く曲を広げるつもりでそちらを購入。

湖の表面のような、美しい声だけでなく、歌詞がとても良い、のです。で、コピーしたものではなく、自分できちんと歌詞カードを持っておきたいな、と思ってしまう。CDがどうこうではなく。
この記事のURL | おんがくをきく。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ほしいものばとん。
2005/12/05(Mon)
またバトンが流行っていますね。
気づいたら3つ、まわってきてました。
他にも「酒バトン」と「かばんの中身バトン」があります…とりあえず答えやすいものから。

このバトンはさやかちゃんから頂きました。

Q1.今やりたいこと。
髪切りたい。量が多くてすぐ増えるので、もさっとなっちゃう。
 
Q2.今欲しいもの。
ドラマ「雨と夢のあとに」のDVD-BOX。
リアルタイムでは諸事情で途中から見てないのですが、絶対いい作品だと思っています。

Q3.現実的に考えて今買ってもいい物。
とある店で売ってる白い傘。
傘の骨が通常より多くて重いんだけど、そのせいか閉じた時に布が「びろーん」てならなくて、何だかかっこいいのです。ただ、傘をよく失くすので、ちょっと躊躇しています。

Q4.現実的に考えて今欲しいし買えるけど買ってないもの
若い時の苦労。(え、欲しいの?←自分で聞くな)

Q5.今欲しいもので高くて手に入りそうにない物
ラッセンの『タヒチアンブルー』かな。戸川郁夫の『Moon Beach』もいいなぁ。
どっちにしろ買えない。

Q6.ただで手に入れたい物
内定先で求められるであろう専門知識(勉強しなさい)。
 
Q7.恋人にもらいたい物
一緒にいる時間をください(←誰に言ってるんでしょうこの人)。

Q8.恋人にあげるとしたら
うー。相手によるからなぁ。
付き合い始めなら手作りのお菓子が無難かしら。

Q9.このバトンを5人に回す
iricoさん、みゅ~さん、reiko-ueさん、ニモさん(mixi)、けいてんさん(mixi)
かぶっても気にしない。よろしくー。
この記事のURL | ばとんにこたえる。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
分析開始(遅い)。
2005/12/03(Sat)
修士論文の中間発表がせまっていますが、レジメも作っていなければ、パワーポイントも全く手をつけていません。

何しろ、アンケートの分析がやっと始まったところなのです。遅い。

アンケートの回答を点数化し、それをもとにデータを作り、分析するためのプログラムを作り、出力した結果を見て…という流れ。分析するための最初のステップ(大学のサーバー?につなぐとか)につまづいたり、プログラムにミスがあって結果が出なかったり、データ自体のミスに気づいて慌てて修正したり、とてんやわんやでした。

でも、一度すらっと結果が出ると、次はこうしよう、それからこう、とやるべきことがクリアになってきて、正直、楽しいです。分析方法は前々から考えているつもりでしたが、頭の中ではもやもや、もしくは言葉が独り歩きしている状態だったんだな、と気づかされました。今はプログラム作成と、結果のグラフ化を繰り返しています。頭より先に手が動くようになりました。

学部の時にも同じ作業はやっているはずなのですが、その時は先生に言われるままやっていたので、ほとんど何もわかっていませんでした。でも今はプログラムも一人で書けるし(本を見ながら)、出てきた結果の意味も半分以上一人で読める(本を見ながら)ようになりました。

特に今回出てきた結果は、卒論の結果と比較できるのが楽しいです。

といっても、本当はもっと前にやっとくべきことなので、褒められることではありません。私自身、「こんなに楽しいのに、なんでもっと速く取り組まなかったんだろう」と思う瞬間はあります。同期の子達は着々と分析・発表準備を進めています。

でも、過ぎたことは仕方ないし、他の人と作業量を比較したら始まらない。時間を戻しても、たぶん私は何もしなかったから。

何より、今「楽しい」と思えることが大事、だと思って、明日(時間的にはもう今日)も学校へ行きます。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いしきしてつかえたら。
2005/12/02(Fri)
知り合いから突然の電話。鬱気分になって、ひとりでお酒を飲んだ帰り道らしい。
最近の彼ならそういうこともじゅうぶん有り得るので、特に驚くにあたらなかった。
そして、暫くとりとめのない会話をしてから、
最後に「じゃあひとつ、気合の入る言葉をくれ」と言われた。

相手はそんなに期待してるわけじゃないとわかってても、やっぱり焦ってしまう。
私は意識して言葉を使えないから。

私が何気なく言った言葉に、相手が驚いたり、発見したりということは、よくある。
たぶん、実は、誰にでもよくあることだと思うけど。「え?今の言葉が、よかったの?」と思ったり、自分で言ってから「あ、今のはいいかも」と感じた記憶だけが残っている。(そして肝心の言葉はもう記憶に残っていない…)

でも、相手に何か確かなものを与えようとして、言葉を紡ぐと、空回りする。
私は焦って、あとからあとから言葉を発するけど、フォローになってなかったり。

私の感覚的なもの言いや振る舞い、もしくは私のなかにある何かが、ある人達には「必要なもの」となる。
こう自覚できたのは、本当に最近のこと。それから、私は必要以上に自分を卑下しなくなったように思う。(逆に開き直りが多くなって、困ってる人もいるだろうな)
でも、私の中のものを、私自身はうまく使えない。それがちょっと、もどかしい。

私の発した言葉は、綺麗過ぎて、あまり気合が入らなかったようだ。それでも、しばらく会話したことで、彼は満足したらしい。
それならいいのだけど。
この記事のURL | おもうこと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。