アクセス解析

無料カウンター しかしてきぼうせよ。 心がない、と言ったひと。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ないものねだり。
2007/09/03(Mon)
今年は一度も高校野球を見ていなかった。

自分が物心ついてから、
途中の試合結果も知らないまま閉幕した年は無かったと思う。
いくら野球に興味が無くても、珍しい。

それは優勝校の凱旋のニュースだった。
決勝戦を、満塁逆転ホームランで勝ち抜いたそうだ。


そういえば、一年前の決勝戦は、彼と見たのだった。



その前日、飲み会を終えた自分に来た電話。
果たされなかったけれど、「2時に行くから」と言ってくれたこと。
あの時の期待感を、いまだに思い出せる。

当日テレビで見た試合の内容は、なんとなく覚えている。
でもそれより、光と風がうっすら差し込む部屋で、何を話したか。
何を始めたか。
そっちの方が、自分にとってはよっぽど重要だった。


「自分には忘れられない人がいて、だから簡単に貴方を裏切れるかもしれない。」
好きになれるかもしれないと思った人にそんなことを言われたら、
いったい何を期待すればよいのだろう?
目の前の人に好きだと言いながら、「過去」にうろたえてる女に、
誰が甘えたり、好意を寄せたりできるだろう?

彼との間に起こった出来事ひとつひとつ思い返しては、
自分の言動に未だに後悔している。
私は何もかも話すことが重要だと思っていたし、
彼はそんな私を見て、ある瞬間、態度を決めた。

「あなたを選びたい」と言ったときに、彼はもはや私に興味は無かった。
もう一度言っても、同じだった。

彼に過去のことをほじくり返す趣味は無いから、
万が一、2人だけで話すときが来ても、もう一年前のことは離せないだろう。



私を「拾ってくれた」彼の手をとったことは後悔していない。
「好きになりたい」と言ったことは、気の迷いではない。

むしろ今抱いている違和感こそ、気の迷いだと思う。


後悔は後悔として。過ちは過ちとして。
決着も清算もいらない。
終わらせる必要もない。

いつか薄れる。
スポンサーサイト
この記事のURL | 心がない、と言ったひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
外側。
2006/12/04(Mon)
私の言うこと、やることを、
まるで「外側」だと感じるような人を、

わかりやすく言うなら、私にまるで興味がない人を
想い続けるほど、私は心が広くない。


「彼女」といつか幸せになれるといいね、と願うことはあるけど。
たぶん次に手をあげてもらっても、もうときめかない。
この記事のURL | 心がない、と言ったひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
似ている
2006/11/25(Sat)
好意がまるで届かないことに愕然とした、一年前。
今も似ている。
愕然として、動けないところだけ。

私がいることも、いないことも、彼には関係ない。
軽くないつもりの浅い歴史も、
彼は「過去だから」と切り捨ててしまえる。


それがわかってしまって、少し時間がたって
もうときめくこともなくなった。

趣味の無い、展望も無い自分を見破られたくなくて
彼と話をするのも怖いくらいだ。

知り合いと会うことも怖い。
会うことに、すごくエネルギーを使うような気がする。
話したいと思うことも出てこない。

ひとりは、とてもとても寂しいのに
会うのは、とてもとても面倒だ。

今日は一日外に出なかった。楽だ。
あと2日、休みがある。

仕事は、精神安定剤だから、ちゃんと行くんだよ、私。
この記事のURL | 心がない、と言ったひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無駄
2006/11/12(Sun)
彼が周囲に示しているだろう態度と、
私に対する言葉

矛盾が生じていたのだけど、両方を信じるなら、
単に私では無理だと言うことだ。



敗因、と呼べるものがあるとしたら
私の内にあるかどうかはわからないが、
私の力など及ぶべくもない存在に収束される。

彼には、ずっと忘れられない人がいる。今も。
それだけだ。
私の努力不足や実力不足があったとしても
それには私は踏み込めない。





私は今とても冷静に、狂いそうだと感じている。
近い将来、何も見えなくなることが、予感できる。


あのひとなら、もっと私を傷つけてくれる。
私があなたを傷つけたように、私を傷つけてくれる。



大丈夫、本当に大事にしたかったものは、ほんの少し前、自分で失った。

何も怖くない。恐怖感など、麻痺すればいい。
この記事のURL | 心がない、と言ったひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
変わらないなぁ。
2006/11/11(Sat)
皆に励まされて、もしかして、もしかして、と思うけど
色んな理由を並べては、躊躇する。

もう伝えなくていい、私がひとりで想うだけでいい、と思いつつ、
「発信」をやめられなかったのは?
ほんの少しの可能性でも、期待していたからでしょう。

夢が見れなくなるのが怖くて、躊躇しているのはわかっている。


第3者の話すことと、自分の実感がかけ離れている。
180度、言ってることが違うと言ってもいい。
どっちが本当?

さて、どうする?会いにいくかい?
この記事のURL | 心がない、と言ったひと。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。